6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

水素、バッテリー、バイオディーゼルのハイブリッド客船、2024年に日本に就航 | 動き

水素、バッテリー、バイオディーゼルのハイブリッド客船、2024年に日本に就航 | 動き

商船三井(MOL)の水素とバイオディーゼル燃料を燃料とするハイブリッド客船が、2024年4月に日本で商業運航を開始する予定だ。

HANARIAは商船三井グループ会社MONTENA-Seaが発注し、現在広島県の本瓦造船所で建造中です。 で建設中

全長33メートルのこの船は、二酸化炭素(CO2)を排出せず、約10.5ノットの航行速度に達すると予想されている。

従来の燃料船と比較して CO2 排出量を 53 ~ 100% 削減することが見込まれる HANARIA は、水素燃料電池、リチウムイオン電池、またはバイオディーゼルによる推進モードを選択できるシステムを使用します。

MONTENA-Seasへの引き渡しは2024年3月の予定で、来月には福岡県で就航する予定です。

今月初め(2023年9月)、商船三井は、持続可能な海事産業の発展を支援するためのアライアンスである、ブルーエコノミーを促進するための海事クラスターイノベーションとリーダーシップイニシアチブに「最初の」海運会社として参加しました。

港湾管理者、海運会社、船級協会を含む150以上の海事組織で構成されているこの同盟は、業界の脱炭素化に向けて海事関連技術を加速するためのコンソーシアムを構築したいと考えている。

H2 View が水素評議会の公式パートナーとして認められていることをご存知ですか?

これは、独占的なコラムをお届けし、幅広いメンバーのインタビューにアクセスできることを意味します。 当社独自のウェビナーやイベントを備えた H2 View は、水素業界にとって頼りになるグローバル プラットフォームです。

なる今すぐ購読してくださいお見逃しなく。 すでに購読者ですか? ログインしますここ

READ  金利上昇で日本の財政需要は110兆円を超える