5月 26, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

氷河期の人類は中国北部沿岸からアメリカ、日本に移住した可能性がある:研究新華社

氷河期の人類は中国北部沿岸からアメリカ、日本に移住した可能性がある:研究新華社

2022年5月17日、米国ワシントンの国立アメリカン・インディアン博物館を訪れる人々。 (新華社/劉傑)

北京、5月13日(新華社通信) – 中国の科学者とその国際的研究者らは最近、現代および古代の人類のDNAを追跡し、氷河期の人類が中国北部沿岸からアメリカ大陸と日本に移動した証拠を発見した。

ネイティブアメリカンの祖先は主にシベリアから来たことは広く知られています。 しかし、最近の遺伝学的、地質学的、考古学的証拠は、ユーラシアのさまざまな地域からアメリカ大陸への人類の移住の波が数回あったことを示しています。

中国科学院傘下の昆明動物研究所と中国のその他の機関の研究者がイタリアから参加し、ユーラシア大陸から現代10万件以上、古代1万5000件以上のDNAサンプルを収集し、現代216件、古代39件のDNAサンプルを特定した。 ミトコンドリア DNA を使用すると、祖先系統と女性系統を通じて血縁関係を追跡できます。

研究者らは、中国北部沿岸部から米国への移住の2つの波を追跡した。 1つ目は26,000年前から19,500年前の氷河期で、2つ目は19,000年前から11,500年前の融解期でした。

彼らはまた、第2波の間に、同じ祖先の系統を共有する古代人のグループが日本に移住したことも発見した。

昆明動物研究所の研究者リー・ユチュン氏によると、この研究は、シベリア、オーストラレーシア・メラネシア、東南アジアからの祖先の起源とともに、古代中国の北海岸の集団がネイティブ・アメリカンの遺伝子構成に寄与したことを示しているという。 。

この研究はまた、この祖先の起源が日本人、特に先住民アイヌ民族の遺伝子プールに寄与していることも示した。 これは、中国、日本、アメリカ大陸の古代の住民の間の考古学的類似性を説明するのに役立ちます。

この研究はCell Reports誌に掲載された。

READ  TSMCユニットは今週日本でチップ工場の建設を開始する予定です