9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

沖縄の榊島に接近するハリケーン

台風インファが土曜日までこの地域に接近すると予想されているため、気象当局は、日本の南西部のサキシマ諸島の人々に強風に警戒するよう警告しています。

気象庁によると、気象庁によると、沖縄県宮古列島の南東170キロの海域を南西に移動しているという。

ハリケーンはその中心近くで時速144キロメートルの速度で吹いていました。 風は時速90キロメートル以上の速度で半径130キロメートルで吹いています。

当局は、嵐が家を倒すのに十分な強さである可能性があると警告しています。
宮古島市、石柿市、高富市で避難指示が出されています。
当局は、この地域の人々に強い建物に避難するようにアドバイスしています。

この地域では、木曜日に時速144 km、金曜日に時速162kmの風が予想されます。

サキシマ諸島と沖縄本島はすでに満潮を迎えています。 サキシマ諸島周辺の海域は、木曜日から金曜日にかけて11メートルの高波で劇的に変化すると予想されています。

ハリケーンがゆっくりと移動するにつれて、その影響はこの地域で長い間感じられます。 当局は、嵐、高波、強風に警戒するよう人々に呼びかけています。

READ  日本が東京でGovt-19緊急事態を延長する