7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

沖縄の米兵、未成年者への性的暴行容疑で告発

沖縄の米兵、未成年者への性的暴行容疑で告発

沖縄で日本人の十代の少年に性的暴行を加えた疑いで兵士が起訴されたことを受け、日本政府は駐留米軍に対する監視の強化を求めた。

南島地域の検察当局は3月に米兵を起訴したと政府トップ報道官の林芳正氏が火曜日に記者団に語った。

地元メディアは、25歳の男が少女が日本での同意年齢(16歳)に満たないことを知っていたとして暴行容疑で起訴されたと報じた。

林氏は、政府はこの事件についてラーム・エマニュエル米国大使に「遺憾の意」を表明し、軍関係者の行動に対するより強力な監督を求めたと述べた。

沖縄の面積は日本の国土のわずか 0.6 パーセントですが、国内のすべての米軍基地および施設の 70 パーセントを占めています。

広告 – スクロールして続行してください


公害から騒音、ヘリコプターの墜落事故に至るまで、基地に関連した悩みは長い間沖縄県民を悩ませてきた。

1995年に沖縄で米兵3人による12歳少女の集団強姦事件をきっかけに、日本に駐留する米軍人の法的地位を定めた1960年の条約を改正するよう求める声が広がった。

沖縄県の玉城デニー知事は今回の事件に対し「強い怒り」を表明した。

広告 – スクロールして続行してください


同氏は記者団に対し、「少年に対するこのような行為は、米軍基地に隣接する地域住民に大きな恐怖を与えただけでなく、女性の尊厳を踏みにじるものだ」と述べた。

「軍事基地の運営による過重な負担は私たちにとって日常的なことであり、耐えられないことです。」

沖縄の根本的な反対は、米海兵隊普天間飛行場の移設案に特に顕著である。

広告 – スクロールして続行してください


中央政府は基地を沖縄本島の人口の少ない地域に移すことを望んでいるが、地元住民の多くは基地を国内の他の場所に移すことを望んでいる。

NHKによる2022年の全国世論調査では、日本人の80%が現在の米軍の不均衡な配置が「間違っている」または「やや間違っている」と考えていることが判明した。

READ  2011年日本大震災後の断層検出と応力解析