10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

海上保安庁「ダイバーカレー」の大公共飢餓ビル

この写真は、第5管区海上警備隊本部から提供されたもので、海上保安庁のダイバーカレーです。

海上保安庁(JCG)のダイバーのために特別に作られた高タンパクチキンカレーの沸騰バージョンが7月に家庭用に導入され、390円(約3.50ドル)のパックが売れ行きが良いようです。

神戸にある第五管区海上警備隊本部は、食品メーカー「ダイバーカレー」と「海の味」を発表しました。

海上救助や海上哨戒などを任務とする神戸港を拠点とする船、春波のダイバーが数日間乗船することもあります。 彼らは仕事をするために多くの体力を必要とし、カレーはこれらのニーズを満たすために作られました。

当時徳島海上保安局のメンバーであった春波の料理人だった26歳の沿岸警備隊の高橋俊田は、1年半のテストとエラーの後、2020年にレシピを完成させました。 たんぱく質が豊富な鶏肉が主成分ですが、全体の風味に微妙な味わいとして全粒マスタードを加えました。

高橋さんは「誰もが味わえるマイルドな味わいで、ダイバーに愛されていた」と語った。

沿岸警備隊の活動を促進するために、地域本部は一般の人々にカレーの味を与えることに決めました。 神戸のMCCフーズカンパニーに、7月に発売されたペーストカレーをお湯で温めて食べるように言った。

ダイバーカレーは、https://www.rakuten.co.jp/mcc-home-party-kobe/およびハイコと大阪の一部の小売店でオンラインで入手できます。

(神戸支局の日本語原作、村田さん)

READ  ルーマニア、日本は橋のサイトで外交の100周年を発表します