7月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

海軍軍艦トーマス・ハドナーが紅海で​​無人機を撃墜

海軍軍艦トーマス・ハドナーが紅海で​​無人機を撃墜

海軍駆逐艦トーマス・ハドナーは水曜日、紅海で無人機を撃墜した。この地域でのより広範な紛争が懸念される中、中東で海軍軍艦が無人機を撃墜するのはこの1か月足らずで2度目となる。

国防総省の短い声明によると、トーマス・ハドナー氏は水曜日、公海を横断中、「イエメン発で船に向かっていた無人機と交戦」し、ハドナー氏は正当防衛で無人機を撃ったとしている。

国防総省は「ハドナー氏の乗組員は米職員の安全を確保するために無人機と交戦し、撃墜した」と述べた。 「アメリカ軍の死傷者や船への損傷はなかった。」

水曜日にはさらなる詳細は明らかにされなかった。

水曜日の迎撃は、10月19日に海軍駆逐艦カーニーが巡航ミサイルと無人機を撃墜した後に行われた。

米当局者らは当時、イラクとシリアの米地上軍が無人機で攻撃されたのと同じ週に、イエメンのイランと同盟関係にある反政府組織フーシ派がイスラエルに向けてミサイルを集中砲火し、事件は続き、米国によるシリアへの報復空爆につながったと述べた。

ハドナー氏は、10月7日のパレスチナ・ハマス運動によるイスラエル攻撃を受けて国防総省が東地中海に派遣したジェラルド・R・フォード空母打撃群に派遣されている。

米当局者らは地域のイラン支援部隊に対し、紛争を激化させないよう厳しい警告を発しており、ロイド・オースティン国防長官は、電話会談で「この紛争を激化させようとするあらゆる国家または非国家主体を阻止する」との決意を確認した。先週イスラエル国防大臣ヨブ・ギャラン。

しかし、イラクとシリアでは米軍と対峙した。 イラン支援の民兵組織による55件の攻撃 国防総省は月曜日、米軍が先月60人近くを負傷させたと発表した。

空軍准将は、「この地域に緊張が存在しているという事実には、我々全員が敏感に感じていると思う。」と述べた。 国防総省報道官パット・レーダー大将は今月記者団に語った。 同氏はさらに、「イランの代理グループを含め、自らの利益を達成するために状況を利用しようとするグループが存在しており、おそらく今後も存在し続けるだろう」と付け加えた。

フォード打撃群は今月初め、地中海東部でドワイト・D・アイゼンハワーと米第6艦隊旗艦マウント・ホイットニーとの双空母作戦を実施した。

それ以来、空母アイゼンハワーはスエズ運河を通過し、11月4日に米中央軍の中東海域に到着した。 2021年のアフガニスタン戦争終結以来、空母が米中央軍の管轄区域に入ったのはこれが初めてだった。

READ  北朝鮮は腸の大流行に苦しんでいる800家族に援助を送ります