6月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

消費者信頼感が6カ月ぶりの低水準に低下、株価上昇が鈍化

消費者信頼感が6カ月ぶりの低水準に低下、株価上昇が鈍化

消費者心理が6カ月ぶりの低水準に達したことを受け、金曜日午前の取引で米国株は勢いを失った。

8連覇を狙うダウ工業株30種平均(^DJI)は約0.2%の上昇を維持し、S&P500種(^GSPC)は初めて5,200を超えて終了した直後に横ばいラインを上回って推移した。 。 一ヶ月で。 ナスダック総合指数 (^IXIC) は約0.1%下落した。

最後 ミシガン大学消費者調査 金曜日に発表されたデータによると、5月の全体的なセンチメントは13%低下した。 今月の指数は67.4と6カ月ぶりの低水準となり、エコノミスト予想の76.2を大幅に下回った。

最近労働市場の減速の兆しが見られる中、投資家が利下げの将来について議論する中、センチメントの低下が生じている。

続きを読む: 労働市場はインフレにどのような影響を与えるのでしょうか?

これを踏まえ、投資家は政策緩和のタイミング、ペース、機会についての詳しい情報を得るために、金曜日の大規模なFRB報道官グループの講演に注意深く耳を傾けることになるだろう。 出演が予定されているのは、ミシェル・ボウマン、ニール・カシュカリ、オースティン・グールズビーなど。

これに先立ち、アトランタ連銀のラファエル・ボスティック総裁は年内に1回の利下げを予想していると述べたが、物価圧力が緩和しているというより強いシグナルを待つという同当局者のメアリー・デイリー氏の意向に同調した。

企業面では、台湾の半導体大手TSMC(TSM)の売上高が4月に60%増加したと発表したことを受け、TSMC(TSM)の株価が上昇した。 同氏は、スマートフォンなどの家庭用電子機器の復活に加え、人工知能に対する需要が続いていると評価した。

彼は住んでいる5 件のアップデート

  • 取引初期の人気株:Novavax、TSM、Nvidia

    金曜日の初めにYahoo Financeのトレンドインデックスページに掲載された銘柄は次のとおりです。

    ノババックス (ナファックス): この製薬会社の株価は、その薬が到着したと発表した後、金曜日に130%以上上昇した 14億ドル相当の取引 フランスのサノフィ社と協力して、同社の現行の新型コロナウイルスワクチンの世界中でのマーケティングに参加する。

    台湾積体電路製造会社 (TSM): チップメーカーが4月の売上高が前年比60%増加し、AI搭載チップへの根強い需要を示したと発表したことを受け、金曜日の株価は5%近く上昇した。 TSM は、以下を含むテクノロジー大手への大手サプライヤーです。 エヌビディア(NVDA)、 そして amd (AMD)、TSMの決算を受けて上昇しました。

    サウンドハウンド (水原): 同社の人工知能企業の株価は、第1四半期に73%の収益成長を記録し、2024年の通年の収益予測を押し上げたことを受けて15%以上急騰した。同社のCEO、ケオバン・モハジャーサイド氏は、音声人工知能は急速に必須になりつつあると語った。 -ツールを持っています。 顧客サービスのため。

    スイートグリーン (サンジェルマン): ファストカジュアルサラダチェーンが予想を上回る第1四半期利益を発表し、メニュー価格の上昇に関する通期予想も押し上げたことを受け、金曜日の株価は40%上昇した。 同社が推進した値上げもあり、同四半期の既存店売上高は5%増加した 新しいステーキのオファー、5月7日に正式に名簿に追加されました。

  • 5月はインフレと金利に対する懸念が高まり、消費者心理が低下した

    米国人は、持続的なインフレと当初の予想よりも長期にわたる金利上昇の見通しに懸念を強めている。

    最後 ミシガン大学消費者調査 金曜日に発表されたデータによると、5月の全体的なセンチメントは13%低下した。 今月の指数は67.4と、6カ月ぶりの低水準となり、エコノミスト予想の76.2を大幅に下回った。

    金曜日の報告書では来年のインフレ期待は3.5%となり、前月の3.2%から上昇した。 長期インフレ期待は3.1%と、前月の3%から上昇した。

    消費者調査責任者のジョアン・スー氏は声明で、「消費者は過去数カ月にわたり判断を留保してきたが、現在はさまざまな面でマイナスの展開が見られている」と述べた。 「来年はインフレ、失業率、金利がいずれも好ましくない方向に進む可能性があるとの懸念を表明した。」

  • 株価は上昇して始まります。 ダウジョーンズは8日連続の上昇を目指す

    金曜日の株価は上昇して始まり、ダウ工業株30種平均 (^DJI) は市場にとって特に低調だった4月を経て8連勝で週を終える見通しだ。

    開始ベルの時点で、ダウ・ジョーンズは約0.2%上昇し、S&P500指数は約1カ月ぶりに5,200ドルを超えて取引を終えた直後に約0.3%上昇した。 ナスダック総合指数 (^IXIC) も約0.2%上昇した。

    指標となる10年米国債利回り(^TNX)は約4ベーシスポイント上昇し、4.49%付近で取引された。

    4月の雇用統計で労働市場減速の兆しが示されたことを受け、投資家が米連邦準備理事会(FRB)が予想より早く利下げする可能性があるとの確信を強めていることが背景にある。

    金曜の議題に多数のFRB報道官が出席することで、金利の今後の方向性がより明確になる可能性がある。 ミシェル・ボウマン、ニール・カシュカリ、オースティン・グールズビーらの出演が予定されている。

  • 旅行の道順

    シティは今日、マイニングを通じて少し利益を狙っており、今週の AirBNB (ABNB) の電話会議のメモを指摘しています。

    「夏季オリンピック期間中のパリの宿泊予約数は、昨年のこの時期の5倍となっていますが、ドイツでは今夏のヨーロッパカップでも同様の傾向が見られ、予約数は昨年のほぼ2倍となっています。」

  • 知っておきたい朝市統計

    市場では心地よい雰囲気が続き、幸福感が高まり始めます。

    S&P500指数は2月以来初めて3週間連続の上昇を続けている。 さらに、ドイツ銀行が指摘しているように、これは今年これまでのところ、ベンチマーク指数の6セッションで最も強いパフォーマンスでした。 S&P総合500種は5月1日の直近安値から3.9%上昇した。

READ  景気後退への懸念から、アジア市場の取引はまちまちだった。 中国の貿易データは予想を下回った