7月 18, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

激しいインフレ報道を受けて株価が下落

激しいインフレ報道を受けて株価が下落

レナー(LEN)のスチュアート・ミラー最高経営責任者(CEO)は木曜、住宅ローン金利が依然として7%台付近にあるため、潜在的な購入者にとって手頃な価格が依然として障壁となっていると述べた。

ミラー氏は同社の第1四半期決算発表で、手頃な価格は「拡大している」と述べ、「顧客の注文によるクレジットカード債務や個人債務が確実に増えている」と指摘した。 同氏は「これらの債務の一部については滞納が確認されている」と指摘した。

同氏のコメントは、レナーが水曜日、2月29日に終了した会計年度第1四半期のアナリスト予想を上回る売上高を報告したことを受けて発表された。

このニュースを受けて木曜日、レナー株は6%近く下落し、3%下落したDRホートン(DHI)とトール・ブラザーズ(TOL)の足を引っ張った。 SPDR・S&PホームビルダーズETF(XHB)は2%近く下落している。

米国の家計債務率と延滞率は上昇している。 欧州中央銀行のデータによると、家計負債総額は2120億ドル増加し、2023年第4四半期には17兆5000億ドルに達した。 ニューヨーク連邦準備銀行

過去1年間の住宅ローン金利と住宅価格の上昇という課題は、市場に飛び込もうとする購入者に影響を与えている。 住宅ローン金利は今年大幅に上昇し、2月中旬には約7%に達した。 フレディマックによると、30年固定住宅ローンの平均金利は木曜、前週の6.88%から6.74%に低下した。

「私たちが見ているのは、あなたがそれを見るときです [our customers] 特に、以上の [customers] レナー・ファイナンシャル・サービシズのブルース・グロス最高経営責任者(CEO)は木曜日の決算会見でアナリストに対し、「総収入に対する負債の比率が高い」と語った。

「返済すべき負債はさらに増えており、それはこの四半期に私たちが気づいた新しいことです。私たちは買い手とより頻繁に協力しており、多くの条件を乗り越えることができています。しかし、その点は重要なことです。」私たちは見てきました [different from] 第4Qにはグロスが追加。

READ  ベッドバスとそれ以降は、逆の株式分割、下向きの株式を示唆しています