9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

熱帯低気圧が西日本を通過する

日曜日の夜、鹿児島県南西部で地滑りが発生した後、熱帯低気圧が西日本に大雨をもたらしています。

気象研究センターによると、ハリケーン「ルピット」は午後8時過ぎにマクラサキ市近くの海岸を横切ったという。

月曜日の早朝、嵐の中核大気圧は985ヘクトバスカルになり、風速は時速83キロメートルに達し、最高速度は時速126キロメートルになります。

数独エリアを中心に大雨が降っています。 エージェンシーは、地滑り、低地、洪水、川の水増し、洪水に注意するよう人々に呼びかけています。

当局はまた、強風、満潮、高潮に対する注意を促します。 地すべりカウンセリングは、いくつかの地域で実際に行われています。

ルピットは月曜日の夕方までに日本海の低気圧になると予想されています。 月曜日は東日本と北日本で大雨が予想されます。

月曜日の夜は、東海地方で最大300ミリメートル、青木と四国地域で250ミリメートル、日本地域で200ミリメートル、近藤光新と北部九州地域で150ミリメートル、北陸地方で最大120ミリメートルの雨が降ります。面積は北海道・東海地方で100ミリ、80ミリ。

月曜日までの最大風速は、北陸地方で時速90キロメートル、清地方で83キロメートル、北海道と道宝、スホーイ、四国、九州地域で72キロメートル、近藤公信と東海地域で65キロメートルでした。

READ  ルーマニア、日本は橋のサイトで外交の100周年を発表します