2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

爆破テロの逃亡者、霧島サトシさんが、日本で半世紀近く逃亡を続けた後に死亡したと伝えられている。

爆破テロの逃亡者、霧島サトシさんが、日本で半世紀近く逃亡を続けた後に死亡したと伝えられている。

長い髪、若々しい笑顔、厚くて少し傾いた眼鏡。何十年もの間、日本で最も指名手配されている逃亡者の一人の白黒写真は、全国の警察署でよく見かける光景だった。 しかし、ほぼ50年の時を経て、1970年代に左翼過激派によって実行された致命的な爆破事件で指名手配されていた霧島サトシ氏が、地元メディアがついに逮捕されたと報じた数日後の月曜日に死亡した。

霧島サトシ

警察庁


日本のメディアによると、先週、70歳の男性はがん治療のため偽名で入院した後、身元を明らかにした。

この報道は日本でセンセーションを巻き起こし、彼の若々しい顔が広く知られるようになり、ハロウィーンの仮装のインスピレーションとなった。

しかし、月曜日の朝に霧島さんと思われる男性が死亡したとき、警察は依然としてDNA検査を急いでいた。

警察関係者は「捜査当局はこれまでの情報を精査し排除したが、この人物が霧島容疑者である可能性が非常に高い」と朝日新聞に語った。

霧島が何十年にもわたって人目から隠れていた経緯の詳細が明らかになった。

霧島氏は1954年1月に広島で生まれ、東京大学で学び、極左政治に惹かれた。

彼は、かつて恐れられた日本赤軍や西ドイツのバーダー・マインホフ・グループと並んで、この時代に活動していたいくつかの武装集団の一つである抗日東アジア武装戦線に参加した。

この過激派グループは、1972年から1975年にかけて日本の首都の企業に対する数回の爆破事件の背後にいると考えられている。 BBCが報じた。 1974年、このグループによる三菱重工業本社への一度の襲撃で8人が死亡した。

彼は「オオカミ」、「土の牙」、霧島の衣装である「サソリ」という空想的な名前が付けられた 3 つの独房で働いていました。

霧島の身体描写とともに ポスター必須 – 身長 160 cm (5 フィート 3)、唇が「かなり厚くて大きい」、極度の近視 – 彼の犯罪の概要。 警察庁ホームページ

1975年4月、この若い過激派は東京の高級銀座地区にあるビルの一部を破壊する爆弾の準備に協力したとされている。 誰も殺されませんでした。

それ以来、彼は逃走を続けている。

「本当の名前で死を迎えたい」

テレビ朝日とジャパンタイムズ 言及された 彼は長年、内田博という偽名で神奈川県藤沢市の工務店に勤める二重生活を送っていた。

報道によると、男性は現金で給与を受けており、健康保険や運転免許証を持っていなかったという。

男性が勤務しているとされる事務所で知人がテレビ朝日の取材に、容疑者は要求された写真に比べて「かなり痩せていた」と語った。

報道によると、霧島容疑者とみられる男性は自費で胃がんの治療を受け始めたという。

鎌倉市内の病院で、ようやく自分が70歳の霧島さんであることを認めたという。

朝日新聞は、他に9人の反日東アジア武装戦線メンバーが逮捕されたと報じた。

しかし、75歳の男性2人は1977年にバングラデシュで日航機をハイジャックした日本赤軍との協定の一環として釈放された後も逃走中である。

重信房子 日本赤軍財団 彼は2022年に刑務所から釈放された 1974年の大使館包囲事件で懲役20年の刑を終えた後。

重信グループは1970年代から1980年代にかけて、24人が死亡した1972年のテルアビブ空港での銃乱射事件など、パレスチナの大義を支援する武力攻撃を行った。

しかし霧島は裁判を逃れたかのように思われる。

男性は病院職員に「本名で死を迎えたい」と語った。

TOPSHOT-日本-犯罪-テロ
2024年1月26日に東京・中央区の駅で撮影された彼の写真には、2016年の爆弾テロの責任者である極左組織、東アジア反日武装戦線のメンバーだった霧島サトシのポスターが写っている。日本の首都、1970年代。

フィリップ・ファン/AFP、ゲッティイメージズ経由


READ  ウクライナとロシアのニュース:EUの指導者がウクライナに切望された候補者の地位を与える