6月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

物価圧力の緩和に伴いユーロ圏経済は縮小

物価圧力の緩和に伴いユーロ圏経済は縮小

今夏のユーロ圏の成長率は予想外に縮小した。 欧州統計局は火曜日、域内二大経済国であるドイツとフランスの金利上昇により勢いが鈍化していると報告した。

この縮小は、欧州中央銀行の政策当局者が直面している課題を反映しており、欧州中央銀行は先週、域内経済の弱さの兆しを受けてインフレ対策のための利上げキャンペーンを中止した。 このデータによると、10月のユーロ圏インフレ率は2.9%に低下しており、中銀の利上げの影響を示す新たな兆候となった。

ユーロを使用する 20 か国の経済生産高 0.1パーセント減少しました 7 月から 9 月にかけては、第 2 四半期のわずかな成長の反動が見られ、低調な経済活動がほぼ 1 年続いた。 昨年と比較すると、経済成長率はわずか0.1%増加した。

欧州の貧弱な成長ペースは、インフレ抑制のための連邦準備理事会による急激な金利上昇にも関わらず経済が上昇した米国とは顕著に対照的である。 巨額の個人消費と購買力を高めたインフレ鈍化に支えられ、GDPは第2・四半期から第3・四半期にかけて1.2%拡大した。

INGのアナリストらは顧客向けノートで、欧州経済は低迷しているものの、深刻な景気後退が目前に迫っているわけではないと述べた。 「しかし、金利上昇による経済への影響と相まって、引き続き経済的・地政学的な不確実性が今後数四半期の経済活動に影響を与えるだろう」と中銀は述べた。

欧州中央銀行は、ロシアのウクライナ戦争による高インフレに対抗するため、連邦準備理事会とほぼ同時に利上げを実施した。 欧州中央銀行は今月初め、この戦いが実を結び始めている兆候が見られる中、一時停止した。

統計庁は火曜日、別の声明でユーロ圏の消費者物価が上昇していると発表した。 2.9%上昇 10月までの1年間では、前月の4.3%から低下し、2021年7月以来の低水準となった。1年前の10%上昇を大幅に下回ったものの、欧州のインフレ率は全体的に高止まりしており、特に食品とエネルギーのインフレ率は消費者を苦しめている。警戒している。 支出について。

これらの高金利はまた、貸出金利を引き上げることにより、家計や企業の活動を抑制しました。 場合によっては、既存の問題にさらなる苦痛を与えることもありました。

欧州最大の経済大国であるドイツは第3・四半期に0.1%縮小した。 同国のエネルギー集約型産業部門は、ロシアからドイツへの天然ガスの流れの停止に伴う価格ショックに今も苦しんでおり、それがインフレ高進と個人消費の抑制につながった。

フランス経済も勢いを失い、第2・四半期に急成長した後、0.1%成長した。 消費者は支出を増やしたが、世界経済の減速は輸出需要の減少を見たフランスの製造業に悪影響を及ぼした。 イタリアの成長も停滞した。

ユーロ圏全体の業績は、パンデミックによるロックダウン終了以降、医薬品の輸出が減少している医薬品の主要輸出国であるアイルランドの成長率の大幅な低下により、いくぶん歪められた。 アイルランドの夏の成長率は、前四半期と比較して 1.8% 縮小しました。

しかし、欧州の成長は依然として鈍く、年初から始まった景気後退からの回復に苦戦している。 今月の記者会見では、 国際通貨基金 同氏は欧州は「転換点にある」と述べた。 この地域は、パンデミックやロシアのウクライナ侵攻によって引き起こされたエネルギー危機など、一連の衝撃を乗り越えてきた。

より多くの人々が仕事を持ち、賃金はインフレに追いつくために上昇しています。 IMFは、食料とエネルギーの価格が依然として相対的に高止まりしており、そのリスクが今後も成長の重しとなる可能性が高いとの見方を示した。

READ  国際エネルギー機関は、石油、ガス、石炭の需要が 2030 年までに増加すると予想しています