9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

犠牲者の世話をするために記念の家が開かれた

5年前に日本で最悪の虐殺があった東京近郊の精神障害者養護施設で追悼式が行われた。

神奈川県相模原市のスクヤマユリNの元労働者は、2016年7月26日に19人の住民を殺害したとして有罪判決を受けました。

家族の要請により、警察は犠牲者の名前を公表しなかった。 法廷審問では、被害者の母親が娘に彼女の名「美穂」の使用を許可したが、被害者全員が匿名のままであった。

火曜日には、被害者の家族を含む約40人が参加しました。

施設の外に州によって建てられた記念碑が発表されました。 7人の犠牲者の名前と金色のユリが刻まれています。

そのうちの1人は斉藤慶子です。 彼の家族は、55歳の子供が彼の人生に敬意を表したいと思ったので彼の名前を刻むことに決めたと言いました。

県は、家族がそうすることを望むならば、それがより多くの名前を加えるであろうと言います。

礼拝後、家族や他の参加者は記念碑の前に白い菊を置き、静かな祈りを捧げました。

一般の方は午後に花を贈ることができます。 訪問者は月曜日から入場できます。

READ  カワイシスターズ:日本の新しいレスリング王朝