7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

独占-関係筋によると、KKRは日本のチップ機器メーカー、国際電気への出資比率を引き下げることを検討している。

独占-関係筋によると、KKRは日本のチップ機器メーカー、国際電気への出資比率を引き下げることを検討している。

サム・ナッシー著

[東京(ロイター)]-日本のチップ機器メーカーである国際電気株の高騰を受け、プライベートエクイティ会社KKRは国際電気株の株高を減らす計画であると関係者2人が明らかにした。

関係者の1人によると、コクサイ株の43%を保有するKKRは株式の半分を投資家に売却する計画だという。

男性は国際市場の株式を買い戻すと述べた。

月曜日の終値の時点で、コクサイ株の20%は約16億ドルの価値がある。

KKRとコクサイはコメントを控えた。

2018年に日立国際電気から分社化された蒸着装置メーカーの株価は、10月の新規株式公開以来約3倍に上昇した。

もともと日立の一部だったコクサイは、複合企業が重要な資産を失い、企業が非公開化する中、日本におけるプライベート・エクイティのテストケースとなってきた。

チップは人工知能の開発を含む技術革新の基盤と見なされており、コクサイはチップ機器メーカーの株への需要に支えられている。

コクサイは3月期の売上高1,810億円(11億2,000万ドル)を計上しており、中期目標として売上高3,300億円以上、調整後営業利益率30%以上を掲げている。

KKRは2019年にコクサイを米半導体ライバルのアプライド・マテリアルズに売却しようとした。 中国で規制当局の承認が得られなかったため、この取引は保留になっていた。

アプライドはコクサイ株の15%を保有している。

コクサイは東京エレクトロンと競合しており、東京エレクトロンの株価は年初から50%近く上昇している。 これはメモリの分野でも現れてきており、研究者らはロジックのさらなる拡張の余地があると考えています。

(1ドル=160.9400円)

(レポート:サム・ナッシー、編集:クリストファー・クッシング)

READ  キム・カーダシアンの娘ノース、日本で休暇中に着物姿で踊る