6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

生徒数わずか 8 人の日本の小学校に子ヤギが生徒として加わり、子供たちを喜ばせる「活気のある雰囲気」が加わりました。

生徒数わずか 8 人の日本の小学校に子ヤギが生徒として加わり、子供たちを喜ばせる「活気のある雰囲気」が加わりました。

現在、同校の生徒数は6年間でわずか8人で、春学期に新たに入学することはできない。

生徒たちを楽しませ、キャンパスに活気を与えるために、学校は珍しい新しいクラスメート、メスのヤギを迎えることにしました。

ブロック上の新しい子供たち: 学校の子供たちは新しいクラスメートを抱きしめます。 写真:ニュースナウ

校長が「みなみさん」と名付けた赤ちゃんは昨年末に生まれた。 近くに農地を所有する6年生の父親が学校に寄贈した。

生徒たちは新しいクラスメートを温かく抱きしめ、牧草地に連れ出し、協力して新しい家を建てました。

当初、ミナミは授業中に時々教室に乱入し、混乱を引き起こし、面白がっていました。

学校生活に慣れたヤギは、草を食べたり、眠ったり、キャンパス内を歩き回ったりして日々を過ごします。

同校は4月24日、生徒や保護者、地域住民らが出席する独自のオリエンテーション式を開き、南さんを正式に入学させた。

式典ではミナミを寄付した農家が子どもを歓迎し、校長に正式に引き渡した。

生徒たちが整列して校歌を斉唱し、南さんにストローを贈呈し、時には血を流した。

歓迎のスピーチでは、校長がヤギのような鳴き声で入学者を歓迎し、教師が「通訳」として動物の入学を祝福した。

みなみさんは道をさまよわないように注意されました。

学生たちはヤギとのキャンパスライフに興奮しており、ある学生は「ヤギと一緒に遊んだり、散歩したりするのが大好きです」と語った。

別の人は「とてもうれしい。家族が一人増えたような気がする」と語った。

新しい「学生」は羊飼いをし、教室を訪問し、新しいキャンパスを毎日パトロールします。 写真:ニュースナウ

この記事は、NHKワールドジャパンで報じられ、中国でも再投稿され、主流のソーシャルメディアでも広く読まれた。

「生徒数が少なく、出生率も低いので、子供たちが退屈しないように動物を連れてくるのは素晴らしいアイデアです。犬、牛、アヒル、鶏、さらには子猫を追加することもできます。」とある人は書いています。

「人生はテレビドラマよりも魔法のようだ。 「私のクラスメートはヤギです」と言ったと想像してみてください。 それは本当に人間と動物の平和な共存を実現するのです」と別の人は言いました。

一部のオンライン視聴者は、卒業後のアットさんの将来について冗談めかして懸念を表明した。

「数年後、この小学生たちはダイナーで四本足の同級生と再会するでしょうか?」 ある人は言いました。

「先生はヤギ語を話せますか?」 彼らはヤギに何を目指すよう教えるのですか?」と別の者が冗談を言った。

READ  日本の岸田氏、権力強化のため内閣と党のポストを入れ替える