9月 17, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

男子サーベルチームは決勝でオリンピックフェンシング-韓国イタリアと対戦します

日本のシバ(ロイター)-韓国は水曜日の男子サーベルチームの決勝でイタリアと対戦し、2012年ロンドンオリンピックで主張した王位を維持することを期待して準決勝でドイツを破った。

それぞれのチーム、個々の銅メダリストのキム・ジョンファンと世界選手権の優勝者であるオ・チャンユケでは、韓国のチームがわずかなリードを取り、ドイツ人は彼らを追い抜かず、45-42の試合に勝った。

イタリアは準決勝で世界第2位のハンガリーと対戦し、金メダルを獲得します。

ハンガリーはこのイベントでこれまでに10個の金メダルを獲得しており、土曜日の個人サーベルイベントで記録的な3番目の金メダルを獲得したアーロンチラキがチームに加わっています。

しかし、イタリアのルカクラトリは準々決勝で引き分けた後、最後の試合に勝ち、チラキに対して45-43で2ポイントを獲得し、彼のチームのメダルを獲得しました。

試合が呼ばれたとき、彼のチームメイトは興奮して彼の上に積み重なっていたが、チラキは唖然としたかのようにピストルの上に立っていた。

「(韓国チームは)4人の少年で、非常に強いが、これを恐れるつもりはない。プッシュ、プッシュ、プッシュすることで、自分たちに自信と自信を示さなければならない」とイタリアのエンリコ・ペレは後に語った。マッチ。

男子サーベルチームは、男子と女子の部門からのチームイベントを特徴としていないローテーションシステムのため、2016年リオオリンピックでイベントを主催しませんでした。

東京2020は、12のイベントすべてを主催する最初のオリンピックです。

(村上さくらスリナバラトナムとリンカーンフィースト編集による報告。)


東京2020オリンピック-フェンシング-メンズセイバー-準決勝-マグハリメッシホールB-チバ、日本-2021年7月28日。イタリアのルイージチャマレ/カールレジネがハンガリーのアーロンシラキと対戦

東京2020オリンピック-フェンシング-メンズセイバー-準決勝-マカリメッシホールB-チバ、日本-2021年7月28日。イタリアのルイージサメルロイター/カールレジン対ハンガリーのアーロンチラキ
東京2020オリンピック-フェンシング-メンズセイバー-準決勝-マカリメッシホールB-チバ、日本-2021年7月28日。イタリアのルイージサメルロイター/カールレジン対ハンガリーのアーロンチラキ

東京2020オリンピック-フェンシング-男子個人サーベル-メダルセレモニー-マカリメッシホールB-チバ、日本-2021年7月24日。ステージ上でのハンガリーのゴールドメダリストアーロンチラキロイター/マキシムシェメトフ
東京2020オリンピック-フェンシング-男子個人サーベル-メダルセレモニー-マカリメッシホールB-チバ、日本-2021年7月24日。ステージ上でのハンガリーのゴールドメダリストアーロンチラキロイター/マキシムシェメトフ

東京2020オリンピック-フェンシング-男子個人サーベル-メダルセレモニー-マグハリメッシホールB-チバ、日本-2021年7月24日。銀メダリストのイタリアのルイジサメレがステージに登場
東京2020オリンピック-フェンシング-男子個人サーベル-メダルセレモニー-マグハリメッシホールB-チバ、日本-2021年7月24日。REUTERS/マキシムシェメトフでのイタリアのシルバーメダリストルイージサメル

READ  中国のロボットメーカーは、本拠地でヨーロッパと日本のライバルと戦っています