5月 23, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

男性が珍しい方法でワニの攻撃を撃退する

男性が珍しい方法でワニの攻撃を撃退する

オーストラリアの牧場主にとって、ワニの攻撃と戦うとき、「何でもいいよ」というのが当然の方法だ。 ABCオーストラリア 報道によると、60代半ばのコリン・デヴローさんは、ベニス川沿いで起きた恐ろしい爬虫類による襲撃からの回復にほぼ1か月を費やし、今週ノーザンテリトリーのロイヤル・ダーウィン病院から退院する予定だったという。 デヴルーさんは、後退する川のほとりに残された水たまりに魚がいることに気づき、魚を捕まえようとしていたときに「汚いろくでなし」(つまりワニ)が右足にしがみついていたと述べた。

「それは大きな掴みで、彼は縫いぐるみ人形のように私を揺さぶった後、再び水の中に飛び込み、私をそこへ引きずり出しました」とデヴルーは振り返る。 この農場主は、最初に体長10フィートを超えるワニの肋骨を蹴ろうとした後、護身術を間近で見せた、と話している。 彼はこう言います。「私は危機的な状況にありました…しかし、偶然私の歯が彼のまぶたに衝突しました。」 「それは皮膚に張り付くような厚さでしたが、私はそれを彼のまぶたに叩きつけて放しました。」

デヴローさんは、その後、ワニをすぐ後ろに置いて逃げ出すことができたと語った。 デヴローが車に到着するまでに、ワニは追跡を諦めた。 デヴルーさんはタオルとロープを使って足の出血を止めることができ、兄の運転で130マイル離れた病院まで連れて行き、そこで皮膚移植などの治療を受けた。

ストーリーは下に続きます



デヴローさんは、事件全体が約8秒間続いたと指摘し、この襲撃が自分のルーティンを再評価するきっかけになったと語る。 「私は柵を修繕したり生活を送りながら、長い間あの湿地帯をさまよっていましたが、それが私の目を開かせてくれました」と彼はABCに語った。 CNN 同氏は、政府の推定によれば、オーストラリアには約10万頭のイリエワニが生息していると指摘した。 最後の襲撃事件は4月にクイーンズランド州のヨーク岬半島のケネディ川沿いで発生した。 BBC。 (ワニの話をもっと読む。)

READ  プーチン大統領が米国との核条約を一時停止することについてバイデン氏がミューア氏に:「大きな間違い」と「非常に無責任」