6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

知っておくべきことは、日本は100人以上のボクシング世界チャンピオンを輩出しているということです

知っておくべきことは、日本は100人以上のボクシング世界チャンピオンを輩出しているということです

ジャカルタ 5月6日月曜日、日本は武井良樹をWBOバンタム級(53kg)新世界チャンピオンにすると発表した。 武井は東京で前回チャンピオンのジェイソン・モロジを12ラウンドで破った。 この精度のおかげで、9勝0敗(8KO)のリング成績を誇る武井は、日本出身の第100代世界ボクシングチャンピオンです!

1952 年、日出ずる国に初代ボクシング世界チャンピオンが誕生しました。 その間、白井義男はアメリカのサルバドール「ダド」マリノを15ラウンドで破った。 彼らの戦いは1952年5月19日に東京の後楽園球場で行われた。

1952年に日本はプロボクシングチームを創設し、初めて日本がボクシング界で優勝した。 この委員会は白井対マリノ戦を監視するために特別に設立され、今日まで続いている。 日本のプロボクシング協会は、競技の安全監視の点で世界で最も厳しいボクシング権威者です。

それ以来、日本は成長を続け、ボクシング世界チャンピオンの得点力に優れています。 現在、日本はバンタム級の頂点に君臨している。 日本人ボクサーが管理する世界ボクシング4団体の世界ボクシング階級チャンピオン。 WBO版には武井のほか、中ティ潤人(WBC)、井上拓真(WBA)、西田涼介(IBF)が参加する。

現在、世界チャンピオンとなっている日本人ボクサーは10人います。 上記のバンタム級チャンピオン4名を除けば、スーパーバンタム(55kg)級の真のチャンピオンは依然として井上尚弥だ。 続いて重岡甚治朗(ストロー47kg級/IPF)、寺地拳四郎(49kg/WBC&WBAジュニアフライ)、阿久比聖子勇利(フライ50kg/WPA)、田中恒成(52kg/WBOジュニアバンタム)、青鹿一翔(52kg/)。 WBAジュニアバンタム)。

エリー・ビゲル、ニコ・トーマス、ムハマド・ラックマン、クリス・ジョンという4人の世界チャンピオンを輩出したインドネシアのプロボクシングの新たな成果は、日出ずる国には決して匹敵しません。

タグ: ティンジュ ペティンジュ ジェバン クリス ジョン

READ  部品サプライヤーへの疑わしいサイバー攻撃により、トヨタは日本の工場を閉鎖せざるを得ない