10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

石油ラリーがインフレ懸念を煽ったため、アジアの株式は1年ぶりの安値まで下落した


写真

アンシュマンダッカ

シンガポール(ロイター)-火曜日の3回連続のセッションで、アジアの株式はウォール街での大幅な売りを弱め、投資家は石油価格のピークに伴うサプライチェーンの混乱によるインフレ圧力の高まりを恐れた。

米国とヨーロッパの株式先物は上昇し、S&P 500 Eマイナスは0.01%上昇し、パンリージョンユーロ株50先物は0.2上昇し、FTSE先物は0.4%上昇しました。

日本以外では、MSCIのより広範なアジア太平洋ベンチマーク指数は3回連続で1.3%下落しました。 日本のシェアは2.5%、韓国は2%、オーストラリアは0.4%下落しました。 OCBCBankの投資戦略担当マネージングディレクターであるVasuMenon氏は、次のように述べています。損失。

「テクノロジー株はバリュー株を上回っています。そのため、インフレが懸念される場合、テクノロジー株は打撃を受けるでしょう」とメノン氏は語った。

OPEC +が現在の出版方針への準拠を確認した後、月曜日の石油価格は3年ぶりの高値に達したhttps://www.reuters.com/business/energy/opec-seen-keeping-oil-output-policy-unchanged-opec-出典-2021-10-04石油製品の需要が増加するにつれ、一部の国からは生産にさらに弾みをつけるよう圧力がかかったにもかかわらず。 [O/R]

商品価格の上昇を強調し、リフィニティブ/コアコモディティCRB指数は233.08に上昇し、6年間で最高レベルになりました。 米国の石油は1バレル77.68ドルで、2014年以来ピークに達した日です。 3年間で最高の81.5ドルを記録したブレント原油。

コモンウェルス銀行の商品アナリスト、ビベック・ダール氏は、「OPEC +は、不注意に石油価格をさらに押し上げ、エネルギー危機を助長する可能性がある。これは、主に非常にタイトなガスおよび石炭市場を反映している」と述べた。

「ワクチン接種率が上昇し、経済が再開するにつれて、世界の石油需要は拡大し続け、世界経済の回復を脅かします。」

罠にかけられた資産開発者であるチャイナエバーグランデ資産の削除の兆候を伴う、アジアでの市場の焦点。

世界最大の債務開発者の株は月曜日に取引を停止したが、より多くの中国の不動産開発者がローンの返済能力に関する懸念を理由に格付けを引き下げた。

ダウ工業株30種平均は0.94%下落して34,002.92、S&P 500は1.30%下落して4,300.46、ナスダックは2.14%下落して14,255.49でした。

米国は2週間で歴史的な過ちのリスクに直面しているため、投資家が政府の債務上限を引き上げる必要性を警告したため、米国財務省の利回りは急上昇しました。 米ドルは、週末の主要な米国の賃金データに先立って、主要な1年の最高値に対して過去最高値の近くで取引されました。 雇用データは、連邦準備制度の刺激策と金利引き上げのタイミングについてのヒントを提供することができます。 6コインバスケットに対するグリーンバックを追跡するドルインデックスは、0.20%上昇して94.02になりました。 ユーロは0.25%減の1.1592ドル、円は0.29%増の111.18ドルでした。金は1オンスあたり1,757ドル下落しました。 [GOL/]

(Anshuman Dhakaによる報告、Himani Sarkar&Simon Cameron-Mooreによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  日本の多様なオリンピックスターは変化する国を表しています(ゆっくりと)