1月 30, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

石油流出に対するペルーの抗議:先住民グループによって人質にされた観光客が解放されたと当局者は言う



CNN

観光客のグループが旅行します ペルー ロレト・オンブズマン事務所の責任者であるアベル・チロック氏によると、木曜日に先住民コミュニティによって石油流出に対する政府の行動を要求するために拘束されたアマゾンは、金曜日に釈放された.

Chirock は金曜日に CNN に、140 人の乗客が解放されたと語った。

以前、コネココミュニティのリーダーであるワドソントルヒーヨは、ペルーの地元メディアに確認しました RRP によると、彼のコミュニティは、水の供給が途絶えた油流出に対して行動を起こすよう政府に圧力をかけるために、ボートを止めたという。 彼らは、石油流出による非常事態宣言を政府に求めていました。

金曜日に釈放された観光客の中には、ペルーのトルヒーヨ出身の 28 歳の女性、アンジェラ・ラミレスがいました。 彼女は CNN に電話で、約 20 人の外国人と数十人の地元旅行者が先住民コミュニティによってコネコのマラニョン川沿いのボートに拘束されていると語った。

彼女によると、私たちは現地時間の午後 2 時頃 (東部標準時間午後 3 時) に解放され、数時間以内にロレト郡のナウタの町に向かいました。

「私たちは明日の朝にそこに着きたいと思っています。私たちが乗っていたボートは先住民グループによって保持されていたままだったので、ボートを変更しなければなりませんでしたが、別の船で出発することを許可されました」とラミレスは言いました。

彼女は、28 時間以上の交渉の末、釈放されたと述べた。 「やっと終わった。とても幸せで、ほっとしている」と彼女はCNNに語った.

ラミレスは、女性、子供、外国人からなる観光客のグループと一緒に旅行していました。 乗客の中には「生後1か月の赤ちゃんを含む子供、妊婦、高齢者」が含まれていたと付け加えた。

金曜日、ペルーの副環境大臣、マリロウ・チャフアは、マラニョン川沿いの石油流出に2か月近く抗議してきた先住民グループと調停するためにこの地域を訪れました。

政府は、石油流出に対処し、観光客を解放するよう先住民グループを説得するために、環境緊急条例の拡大を発表しました。

READ  ロシアとウクライナの最後の戦争: 侵略の 194 日目にわかったことウクライナ