7月 18, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

石油生産に対する「予防的アプローチは放棄しない」

石油生産に対する「予防的アプローチは放棄しない」

  • サウジアラビアとロシアが率いる影響力のある産油国連合は、原油市場の価格変動の中で政策を調整する前に、「実数」からの指針を数か月待つ用意があるとサウジのエネルギー相が日曜日に述べた。
  • アブドゥルアズィズ・ビン・サルマン皇太子は「確かに、何をすべきかの決断は遅れるかもしれないが、たとえ1カ月、2カ月、3カ月、4カ月、5カ月を超えたとしても、予防的アプローチを放棄するつもりはない」と述べた。 リヤドで開催される中東・北アフリカ気候週間に合わせて。
  • 同氏は「正直に言えるのは、OPECプラスの結束に挑戦すべきではないということだ。われわれは最悪の状況を経験しており、今後もひどい状況を経験する必要はまったくないと思う」と述べた。 イスラエルでの紛争激化への懸念が高まる中。

サウジのエネルギー大臣アブドゥルアズィズ・ビン・サルマン王子は、2023年10月8日にリヤドで開催された中東・北アフリカ気候週間の開会セッションで演説する。

ファイズ・ヌール・エルディン | AFP | ゲッティイメージズ

サウジアラビアとロシアが率いる影響力のある産油国連合は、原油市場の価格変動の中で政策を調整する前に、「実数」からの指針を数か月待つ用意があるとサウジのエネルギー相が日曜日に述べた。

アブドゥルアズィズ・ビン・サルマン皇太子は、「はい、何をすべきかの決断は遅れるかもしれませんが、たとえ1、2か月、3、4か月、あるいは5か月を超えたとしても、予防的アプローチを放棄するつもりはありません」と述べた。 リヤドで開催されたMENA気候週間を傍観するCNBCのダン・マーフィー。

リヤドが議長を務める石油輸出国機構と、OPEC+として知られる非OPEC同盟国は昨年10月に合意し、それ以来、石油市場から日量200万バレルの生産を撤退する決定を支持している。 それ以来、一部のOPECプラス加盟国は同グループの決定以外の自主的な追加減産を実施しており、日量約166万バレルの減産は2024年末まで延長され、サウジアラビアとロシアはそれぞれさらに供給量を100万バレル削減した。 今年末までは日量30万バレルに達する。

OPEC+の技術委員会である合同閣僚監視委員会は10月4日に会合を開き、市場のファンダメンタルズと各国の生産約束の遵守状況を検討した。 総会は生産戦略修正のための緊急閣僚会議を招集することなく閉会した。

2024年初めに市場の安定を維持するためにグループがより協調した生産措置を検討する必要があるのか​​との質問に対し、アブドゥルアズィズ皇太子は「我々はそのようなことはしないことを望んでいる」と述べたが、「できることを決して無視してはいけない」と強調した。 」 このマーケットに参加する目的。」

最近の供給逼迫と需要回復により、当初価格は1バレル当たり95ドル近くまで上昇したが、高金利環境によって刺激されたマクロ経済への懸念により、最近では再び下落している。 ロシアによる大規模なウクライナ侵攻以来、石油価格は世界的なインフレの主な原因となっており、特にヨーロッパやG7諸国では、消費者が制裁対象のロシア産バレルを入手できなくなっている。

価格への圧力に加え、パリに本拠を置く国際エネルギー監視機関は先月、石油、ガス、石炭の需要は2030年までにピークに達すると予測したが、OPECの当局者が化石燃料への同時投資を繰り返し物議を醸しているため、OPECからの声高な反対を招いた。そして再生可能な供給。 短期的なエネルギー不足を避けるため。

アブドゥルアジズ皇太子は日曜日、「我々はあらゆるエネルギー源を利用するということを世界に示したい」と強調し、サウジは「気候変動問題に非常に真剣に取り組んでいる。我々は否定派ではない」と述べた。 「…実際、私たちは科学がそれが存在すると言っていると確信しており、私たちはそれを気にする必要があります。」

11月下旬に始まるCOP28会議を主催するグループ加盟国のUAEも含め、OPEC+諸国のエネルギー転換への取り組みは、化石燃料の生産と消費から生じる高炭素排出のため、厳しい批判にさらされている。

中東での新たな騒乱から2日後、パレスチナ過激派組織ハマスがイスラエルに対して致命的かつ決定的な攻撃を開始し、少なくとも600人のイスラエル人の命を奪った2日後、石油先物価格がどのような方向に向かうのか、観測筋は市場の動向に注目している。攻撃の時間。 書き込み、 イスラエルの公式通信によると。 ペンテコステ後に敵対行為が発生y 第四次アラブ・イスラエル戦争の記念日。 原油市場にとって特に重要なのは、1973年の攻撃が世界的なエネルギー危機を引き起こしたことである。その結果、パレスチナの大義を支援するサウジアラビアを中心とする産油アラブ諸国が米国に通商禁止措置を課した結果である。イスラエル。

最近の紛争は、米国がイスラエルとサウジアラビアの間の関係正常化を執拗に推進した数カ月後、中東外交における一か八かの局面で勃発した。サウジアラビアは今年初め、ハマスの歴史的支援者である宿敵イランとの関係正常化を再開した。 。 。

OPEC+にはイスラエルとハマスの最近の激化に対処するのに必要なツールキットがあるかという質問に答えて、アブドゥルアズィーズ皇太子はサウジ外務省へのコメントを保留したが、産油国連合は「事態の悪化に対処し、我々は事態の悪化に対処した」と強調した。世界の生産量は減少しています。 新型コロナウイルス感染症のパンデミックを含む課題。

同氏は「正直に言えるのは、OPECプラスの結束に挑戦すべきではないということだ。われわれは最悪の状況を経験しており、今後もひどい状況を経験する必要はまったくないと思う」と付け加えた。 。

READ  住宅ローン金利は7.49%に上昇し、住宅販売に打撃を与えた