11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

社説| 新日本製鐵対トヨタは、中国のリスクを真剣に受け止める時が来たことを示している

新日鐵は10月14日、東京地方裁判所にトヨタ自動車とポイズンアイアンアンドスチールを相手取って訴訟を起こした。 )、世界最大の鉄鋼メーカーである国営の中国のPavo SteelGroupの子会社。

新日本製鐵は、トヨタ自動車の日本国内での製造・販売を禁止している。

2020年、トヨタは中国から電子鋼板の購入を開始しました。 新日鐵は、これらの製品が自社の特許技術に違反していると主張している。 トヨタは「製品メーカーは自分たちの間の問題を解決すべきだ」と反対した。

会社のロゴはトヨタディーラーの外の看板を飾っています(AB Photo / David Zalubowski)
中国のPavosteelCompanyのシンボル。

新日鐵はトヨタとパシャンの両方と交渉したが、問題の満足のいく解決策を見つけることができなかった。 このようなグローバル企業の巨人が法廷で特許侵害の論争と戦うことはめったにありません。

最も多様なサプライチェーンを構築した後、日本企業は常にさまざまな企業から製品を購入しています。

しかし、最近、中国企業が知的財産権侵害で裁判にかけられるケースが増えています。

日本の産業部門が部品や商品を購入する際の「中国のリスク」を認識する時が来ました。

この場合、日本製鋼は、特許を侵害するハイブリッド車(HV)および電気自動車(EV)用にバイオスティールから購入した非発泡電気鋼板を使用していると主張している。

世界的な脱炭素化の結果、EVの生産台数が増加し、モーターに欠かせない特殊板金の需要が高まっています。

その結果、電磁鋼板は日本の鉄鋼メーカーの主要製品になりました。 新日鐵の長年の主要顧客であるトヨタを訴える意欲は、この非常に重要な分野で自社の技術を情熱的に擁護する意向を示しています。

問題の鋼板

日本の電気鋼板技術の知的財産のフィルタリングを考慮すると、2012年に新日鐵は韓国最大の鉄鋼メーカーであるPOSCO(浦項鉄鋼株式会社)を違法競争防止法に違反したとして訴えた。 。 その場合、300億円(2億6000万米ドル)の和解に達しました。

ボスコが新日鐵の技術をパオスティールに売却したかどうかは疑わしい。

岸田文雄首相は、日本の経済安全保障を改善する新しい政府の政策を発表しました。 電磁鋼は、戦略的製品のリストに半導体に加わることが期待されています。

そのため、日本企業は、中国や韓国などの国からそのような製品を購入する際に、全体的なリスク評価の一部として知的財産権の侵害を慎重に検討する必要があります。

トヨタは、中国からの疑わしい鋼板の購入について、「契約締結前に他社の特許を侵害していないことを確認した」と主張している。

この「確認」がどれほど完全で効果的かは疑わしい。 この事件は、日本の産業部門で大きな鐘を鳴らすことになると思われます。

(読んだ サンギートシンブn日本語の社説 このリンクで。)

著者:編集委員会、 サンギートシンブン

READ  日本は症例が増えるにつれて拡大し、コロナウイルスは緊急事態を拡大します