4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

科学者たちは、グレートソルトレイクには2頭の動物だけが生息していると信じています。 彼らは間違っていました。 科学警報

科学者たちは、グレートソルトレイクには2頭の動物だけが生息していると信じています。 彼らは間違っていました。 科学警報

何十年もの間、米国のグレートソルト湖には、巣より大きな動物はブラインシュリンプとブラインバエの 2 種類だけが正式に生息していると考えられていました。

それとは別に、細菌や藻類は塩分濃度の高い湖水にしか存在しません。

今回、科学者たちは、あまり美味しくない量の塩分も摂取できる、多細胞生物の第三の形態を発見した。 彼はずっと湖の中に隠れていました。

炭酸カルシウム粘土のブロックを砕くことを、 微生物湖底の微生物によって作られた湖で、ユタ大学の研究者らは、生物学者が長年疑ってきたことを裏付けた:私たちの目から遠く離れた湖面の下で、さまざまな種の虫がうごめいている。

ここは線虫がこれまでに発見された中で最も塩辛い環境である。 線虫は地球上のあらゆる過酷な環境に生息しているため、これは多くのことを物語っています。

生物学者のジュリー・ヤングとマイケル・ワーナーがこの虫を発見したチームを率いました。 2021年の春、彼らは海の3倍から6倍塩分濃度の高い湖の一角でこれらの生き物の積極的な狩りを始めた。

「最初はクリップのサンプルを収集するだけでした。しかし、あることに気づいたら、 微生物「私たちはその小さな破片をすくい上げ、層を保存しようとして、研究室に持ち帰りました。」 彼は説明する ユング。

他の生物学者が失敗したところで、ヤングとヴェルナーは成功した。

DNA、RNA、タンパク質などの大きな分子を分離する強力な技術を使用して、生物学者はサンプルを収集した各場所で生きた線虫を特定しました。

「自分で探しましたが、同じ場所はありませんでした…」 彼は言う。 この発見について相談を受けたブリガムヤング大学の生物学者バイロン・アダムス氏。

「今日でも、170 年間私たちのすぐ近くにあったこの湖について、私たちは驚くべきことを発見しています。」

研究者らは、これらの隠れた虫が体内に生息するバクテリアを餌にして、このようなマットを形成しているのではないかと考えています。 また、虫たちを日光や湖の水が引いたときの脱水症状から守ってくれる可能性もあります。

研究者らは実験室で線虫を育てることができなかったので、線虫がどのように生き残るかを調べるために、これまでで最も研究されている回虫に注目しました。 特定のタイプはエレガントです

実験室では、この生き物にも餌が与えられました 大腸菌 グレートソルトレークの微生物マットに生息する細菌。 その後、この虫を湖の水の50倍の塩分濃度の湖水にさらした。 C.エレガンス いつもの生息地。

5分後、ワームに餌が与えられます 大腸菌 彼は亡くなった。 しかし、グレートソルト湖の微生物に感染した人は24時間以上生存した。

「うまくいくとは予想していませんでしたが、うまくいきました。」 彼は言う。 ヴェルナー。

この結果は、この特別な食事にグレートソルトレーク回虫の生存を可能にする何かがあることを示唆しています。

遺伝子分析の結果、湖の汽水域と塩分濃度の高い場所から最大 80 種類の異なる線虫が収集されたことが示されました。

そのうち 3 種は、海洋および沿岸の堆積物に生息する属に属しています。 残りの大部分は、他の既知の線虫の属または種と一致しませんでした。

研究者らは、これらの新しいワームはグレートソルトレークに特有のものであり、長期間の生殖隔離の後に発生したと考えている。

私たちがこの新しい生息地と新種を発見したのと同じように、それらは永久に絶滅する危険にさらされています。

今日、グレートソルト湖はかつての姿を残しています。 水が人間の利用に転用され、気候が乾燥すると、堤防が後退し、微生物マットが風雨にさらされ、残った水の塩分濃度が上昇します。 湖が干上がったため、ヴェルナーとユングは特定の季節にカヤックを捨て、マウンテンバイクを使っていくつかの場所に行かなければなりませんでした。

一部の科学者は、湖の生態系全体が崩壊するまであと 5 年もないと信じています。 その時点で彼のワームに何が起こるかは誰にもわかりません。

「この不可欠なコミュニティとその居住可能性の限界を理解することが緊急に必要です。」 結論としては ヴェルナー、ヤング、そして同僚たち。

この研究は、 王立協会論文集 B: 生物科学

READ  新しい研究により宇宙の年齢は2倍の267億年に