5月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

第6戦終了間際、バックスのパトリック・ビバリーがペイサーズファンに向かってバスケットボールを投げる

第6戦終了間際、バックスのパトリック・ビバリーがペイサーズファンに向かってバスケットボールを投げる

バックスの第6戦の終わりに向けて緊張は高まった。

インディアナ・ペイサーズは木曜日、インディアナポリスのゲインブリッジ・フィールドハウスでミルウォーキーを120対98で破り、シリーズ4勝2敗で勝利し、バックスのシーズンを終えた。 試合開始まで約2分半、20点リードとなったところで、バックスのガード、パトリック・ビバリーがチームのベンチから後ろのファンに向かってバスケットボールを投げた。 彼はどうやらターゲットであるペイサーズファンを外し、代わりに女性のペイサーズファンの側頭部を殴り、ボールを返してもらうよう要求したようだ。

その男はボールを拾うと、頭のすぐ上にいたベバリーにボールを返し、両手でファンにボールを返した。 バックスのスタッフと警備員が介入する中、ファンはボールをクリアしたが、ファンとベバリーは言葉を交わし続けた。

NBAはこの問題を調査中であるとリーグは述べた アスリート 金曜日。

交流戦後の試合について問われると、ベバリーは「いいえ、心配しないでください。何もありません」と答えた。 彼は試合後、ソーシャルメディアを通じて次のようにコメントした。

プレーオフで平均8.6得点、最高13得点を記録したビバリーは、第6戦で6得点、5アシスト、2リバウンドを加えた。 彼は金曜日の朝のソーシャルメディアでの行動についてさらに反省を加えた。

ペイサーズは月曜日から始まる第2ラウンドでニューヨーク・ニックスと対戦する。

(写真:ジェフ・ヘインズ/NBAE、ゲッティイメージズ経由)。

READ  ブラックホークスはコーリー・ペリーの行為を理由に契約を解除した