2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国、ガザでの人道的停戦を求める国連決議を阻止

米国、ガザでの人道的停戦を求める国連決議を阻止

国連(AP通信)-米国は金曜日、ガザでの人道的即時停戦を要求する他のほぼすべての安全保障理事会加盟国と他の数十カ国の支持を受けた国連決議に拒否権を発動した。 支持者らはこの日をひどい日と形容し、戦争が3か月目に入った今、さらに多くの民間人の死と破壊が起こると警告した。

15カ国からなる理事会での投票は13票対1票で、英国は棄権した。 米国の孤立した立場は、数カ月にわたるイスラエルによるガザ爆撃を巡り、米国と一部の最も緊密な同盟国との間の亀裂が増大していることを反映している。 フランスと日本も停戦の呼びかけを支持した国の一つだった。

戦闘停止呼びかけへの反対を放棄するようバイデン政権に圧力をかける無駄な試みで、金曜日、エジプト、ヨルダン、パレスチナ自治政府、カタール、サウジアラビア、トルコの外相が揃ってワシントンを訪れた。 しかし、アントニー・ブリンケン国務長官との会談は国連での投票後まで行われなかった。

投票と同時に、アラブ外交官の使命は、数千人のパレスチナ民間人を殺害している空爆を阻止するという高まる要求からイスラエルを守るという、より直接的な責任を米国に移すことになった。

「進行中のガザ爆撃を止めるという呼びかけのもとに団結できなければ、パレスチナ人にどのようなメッセージを送ることになるでしょうか?」 アラブ首長国連邦のモハメッド・アブシャハ副大使は投票後こう尋ねた。 「実際、同様の状況に陥る可能性のある世界中の民間人に、私たちはどのようなメッセージを送っているのでしょうか?」

ロバート・ウッド米国副大使は決議案を「バランスを欠いている」と呼び、過激派が約1200人(大半は民間人)を殺害した10月7日のイスラエルに対するハマスの攻撃を非難しなかったり、イスラエルの人権を認めなかったりするとして投票後に評議会を批判した。イスラエルを守る。 自体。 同氏は、軍事行動の停止はハマスによるガザ支配の継続を可能にし、「次の戦争の種を蒔くだけ」だと宣言した。

ウッド氏は採決前に「ハマスは恒久的な平和や二国家解決を望んでいない」と述べた。 「そのため、米国はイスラエル人とパレスチナ人が平和で安全に暮らせる恒久的な平和を強く支持する一方、即時停戦の要求は支持しない」と述べた。

イスラエル 軍事作戦 パレスチナ自治区保健省によると、この攻撃によりガザ地区では1万7,400人以上が死亡し、その70%が女性と子供で、4万6,000人以上が負傷し、さらに多くの人々が瓦礫の下敷きになっているという。 同省は民間人と戦闘員の死を区別していない。

首長国外交官アブ・シェハブ氏は投票前、同国が後援したこの決議案は24時間以内に100カ国近くの支持を得た、これは戦争を終わらせ国民の命を救う取り組みに対する世界的な支持を反映していると述べた。パレスチナ人。

投票後、同氏は米国の拒否権行使に深い失望を表明し、安全保障理事会がますます孤立し、国際の平和と安全を確保するというその使命に「制約されていないように見える」と警告した。

決議案を支持した常任理事国で拒否権を持つニコラ・ド・リヴィエール仏大使は、決議案の団結の欠如を嘆き、「持続可能な停戦につながる新たな即時かつ恒久的な人道停戦」を求めた。

ロシアのドミトリー・ポリャンスキー国連副大使は、今回の投票を「中東史上最も暗い日の一つ」と表現し、米国が「数万人ではないにしても数千人の民間人に死刑判決を下した」と非難した。パレスチナとイスラエルも含めて。」 女性と子供たちよ。」

同氏は、同氏が「無慈悲なイスラエルの流血」と呼ぶ事態に直面して「歴史がワシントンの行動を判断するだろう」と述べた。

理事会は緊急会議を招集し、初めて演説するアントニオ・グテーレス事務総長から話を聞く 彼は第99条を引用した 国連憲章。これにより、国連事務総長は、必要と考える国際の平和と安全に対する脅威を提起することができます。 彼は次のように警告した… 「人道的災害」 ガザでは彼女は人道的理由から停戦を要求するよう評議会に要請した。

グテーレス氏は引き上げたと述べた 第99条 国連では1971年以来この制度が使用されていないが、その理由は「ガザの人道支援システムが完全に崩壊する危険性が高い」からだ。 同氏は、これが「治安の完全な崩壊とエジプトへの大量脱出への圧力の増大」につながると国連は予想していると警告した。

同氏は、ガザは「限界点」に達しており、絶望的な住民は飢餓の深刻な危険にさらされていると付け加えた。

グテレス氏は、10月7日のイスラエル人に対するハマスの残虐行為は「パレスチナ人民に対する集団処罰を決して正当化することはできない」と述べた。

同氏は、「ハマスのイスラエルへの無差別ロケット弾発射や民間人を人間の盾として使用することは戦時国際法違反だが、そのような行為はイスラエルの違反を免除するものではない」と強調した。

国連事務総長は、ガザが直面している「人道上の悪夢」について詳しく語り、伝えられるところによれば、339の教育施設、26の病院、56の医療施設、88のモスクを襲った空、陸、海からのイスラエルによる激しく広範囲にわたる継続的な攻撃に言及した。そして3つの教会。

グテーレス氏は、ガザの住宅の60%以上が破壊または損傷し、人口の約85%が自宅を追われ、医療制度が崩壊しており、「ガザには安全な場所はない」と述べた。

パレスチナのリヤド・マンスール国連大使は理事会で、イスラエルの目標は「ガザ地区の民族浄化」と「パレスチナ人の財産を剥奪し、強制的に立ち退かせること」だと述べた。

マンスール氏は、「パレスチナ人の破壊と強制退去に反対するのであれば、即時停戦に賛成しなければならない」と述べた。 さらに、「停戦の呼びかけを拒否するということは、戦争犯罪、人道に対する罪、大量虐殺を終わらせることができる唯一の呼びかけを拒否することになる」と付け加えた。

採決後、同氏は米国の拒否権発動を「悲惨な結果」と表現し、「安全保障理事会にとって最悪の日」だったと述べた。

マンスール氏は「われわれはこの結果を拒否し、今後もこの忌まわしい残虐行為を阻止するためにあらゆる正当な手段に訴えていく」と述べた。

しかし、イスラエルのヨアヴ・ギャラント国防大臣は、米国の「大胆なリーダーシップ」に感謝した。

同氏は声明で「停戦はハマスに賞金を引き渡し、ガザで拘束されている人質を解放し、各地のテロ組織への合図に等しい」と述べた。 「私たちの使命においてイスラエルを支持します。 「私たちは未来のために戦っており、自由な世界のために戦っているのです。」

ヨルダンのトップ外交官はワシントンで記者団に対し、イスラエルによるガザ爆撃と包囲中のパレスチナ民間人の殺害は戦争犯罪に当たり、地域、米国、そして今後何年にもわたって世界を不安定化させる恐れがあると語った。

ヨルダンのアイマン・サファディ外務大臣は、「ここでは人々が見ていないとしても、私たちにはそれが見えている」と述べ、「国民と話をすると、私たちが直面している課題が分かる。彼らは皆、私たちが何もしていないと言っている。なぜなら、私たちがこれほど努力しているにもかかわらず、だからだ」と付け加えた。努力にもかかわらず、イスラエルはこうした虐殺を続けている。」

アムネスティ・インターナショナルのアグネス・カラマール事務総長は、米国がイスラエル政府に軍需品を供与し続けており、「家族全員の死につながっている」と批判した。

ヒューマン・ライツ・ウォッチ国連事務局長ルイ・シャルボノー氏は、米国はイスラエルに武器と外交的庇護を提供することで「ガザ地区でパレスチナ民間人に対する集団処罰を含む残虐行為を行っているが、戦争犯罪に加担する危険がある」と述べた。

___

ワシントン在住のAP通信記者エレン・ニックマイヤー氏とマシュー・リー氏が寄稿した。

READ  G7は中国に対し、ウクライナ戦争を終わらせ、台湾の地位と公正な貿易ルールを尊重するようロシアに圧力をかけるよう要請