4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国、日本にオスプレイの運航禁止解除を要請

米国、日本にオスプレイの運航禁止解除を要請

木原実防衛大臣は金曜日、昨年の日本での墜落事故を受けて飛行停止となったオスプレイの運用再開の時期を調整するよう米国が公式要請を行ったと述べた。

11月29日にオスプレイが鹿児島県屋久島沖に墜落し、搭乗していた米国人飛行士8人全員が死亡したことを受け、国防総省は同機の世界的な飛行禁止を解除する準備を進めている。

木原氏は記者団に対し、米国は木曜夜に正式に要請を行ったと語った。

米海軍航空システム軍団は事件を受けて12月7日にティルトローター機オスプレイCV-22を運航停止にした。 陸上自衛隊も墜落後、航空機の安全性に対する国民の懸念を受けてオスプレイを運航停止にした。

ただ、林芳正官房長官は運航再開時期については言及しなかった。

同氏は金曜日、「日本は米軍からの情報に基づいて適切な判断を下す」と述べた。

国防省は、事件の状況と必要な安全保障プロトコルの調査を加速したいと考えている。

木原氏は「航空機の安全確保は日米共通の主要な懸案であり、この問題に効果的に対処するため米国と緊密に連携することに尽力する」と述べた。

ロイド・オースティン米国防長官は、同機を日本で再運航する前に日本政府と調整するよう国防総省の関連部門に指示すると述べた。

GGさんの情報を追加しました

READ  サルマンはバドミントンのタイトルを持ち上げるためにイランを破った後、日本のアジアゲームの復活を歓迎した