7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国、韓国、日本は北朝鮮のサイバー脅威に対して行動を起こさなければならない

米国、韓国、日本は北朝鮮のサイバー脅威に対して行動を起こさなければならない

[ソウル 12月9日 ロイター] – 米国、韓国、日本は土曜日、仮想通貨乱用や宇宙ミサイルなどサイバー空間における北朝鮮の脅威に対抗するための新たな取り組みに合意したと、ホワイトハウスのジャック・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)が述べた。

3カ国の国家安全保障担当補佐官はソウルで会合し、北朝鮮がさらに多くの偵察衛星を送信すると警告した。

サリバン氏は、ジョー・バイデン大統領が主催した8月のキャンプデービッド三国首脳会議で、米国とアジアの主要同盟国2カ国の指導者は安全保障と経済協力を深めることを約束したと述べた。

サリバン氏は記者団に対し、「サイバー犯罪や仮想通貨マネーロンダリングから無謀な宇宙実験や弾道ミサイル実験に至るまで、北朝鮮がもたらす脅威に対処するため、我々は新たな三国間の取り組みも開始した」と語った。 、朝鮮民主主義人民共和国。

北朝鮮の「違法なサイバー活動」は、北朝鮮が核ミサイル開発のための孤立国家の「資金源」と呼ぶものに対する最新の挑戦として浮上していると、日本の同氏の秋葉剛夫氏は述べた。

サリバン氏は、経済的強制の潜在的な脅威に対抗するための3カ国による連携した取り組みには、キャンプデービッドで合意されたサプライチェーン早期警戒システム、重要鉱物、充電式電池に関する取り組みが含まれると述べた。

バイデン氏はキャンプデービッドで韓国の尹錫悦大統領と日本の岸田文雄首相と会談し、中国の力の増大と北朝鮮の核の脅威に直面して団結を訴えた。

サリバン氏は、各国は「台湾海峡の平和と安定、東シナ海と南シナ海での航行の自由を引き続き支持する」と述べた。

韓国大統領府によると、サリバン氏と韓国側のチョ・テヨン氏は土曜日、チップやその他の重要な技術に関する協力を目的としたフォーラムである第1回次世代複合・新興技術(CET)対話の議長を務めた。

北朝鮮とロシアの関係

北朝鮮国営メディアは土曜日、北朝鮮が宇宙開発を他国と同様に自国を守る権利の一部だと主張し、より多くの偵察衛星の打ち上げに取り組んでいると報じた。 韓国は独自の衛星を打ち上げ、二重の立場をとっていると批判した。

サリバン氏はその主張を否定し、北朝鮮の衛星打ち上げには国連決議に違反する弾道ミサイル技術が含まれているが、韓国の衛星打ち上げには含まれていないと述べた。

制裁監視当局は、北朝鮮が核・ミサイル計画の資金調達にサイバー攻撃を利用していると非難しており、北朝鮮は昨年、2022年の他のどの年よりも高度な手法を用いて仮想通貨窃盗を強化したと国連は述べた。

北朝鮮はハッキングやその他のサイバー攻撃の疑惑を否定している。

韓国のチョ氏は、サリバン氏とアキバ氏との会談後、3人はウクライナと中東問題についても意見交換したと述べた。

彼らはロシアと北朝鮮の間の軍事協力の拡大について話し合い、サリバン氏は、3人はウクライナ戦争で北朝鮮がロシアに武器を供給することを望んでいると語った。

ワシントンに本拠を置く戦略国際問題センター(CSIS)の報告書によると、10月にホワイトハウスが北朝鮮が国境都市羅先市からロシアに武器を輸送したと発表して以来、同港は高いレベルの活動を示し続けていると報告書で述べた。衛星画像の分析を引用して金曜日に発表された。

北朝鮮はモスクワへの武器移送を否定している。

ヒョンス・イム、ジュミン・パクによる報告。 編集:エドモンド・クラマン、ウィリアム・マラード、ニール・フリック

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  野球 | 野球バファローズはサイレンススワローズと日本シリーズのタイトルの勝利で動きます