2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国がイラク襲撃でイラン支援のカタイブ・ヒズボラ民兵組織の幹部を殺害、米高官が発表

米国がイラク襲撃でイラン支援のカタイブ・ヒズボラ民兵組織の幹部を殺害、米高官が発表

米国は水曜日、イラクでの攻撃でイランが支援するカタイブ・ヒズボラの上級司令官を殺害したと高官がCBSニュースに認めた。 標的となったのはシリアでの作戦を担当する司令官だった。

中東地域を担当する米中央軍は声明で、標的となった司令官は「同地域の米軍に対する攻撃の直接計画と参加に責任を負っていた」と述べた。 米中央軍もまた、空爆による民間人の死傷者や巻き添え被害の兆候はないと述べた。

カタイブ・ヒズボラは、イラクとシリアでの米軍に対する一連の攻撃や、米兵3人が死亡、数十人が負傷したヨルダンでの無人機による致命的な攻撃の責任を米国が負っているイラン支援組織の1つである。

当局者らはCBSニュースに対し、イラク攻撃はヨルダンでの無人機攻撃を受けてバイデン大統領が約束した対応の一環だったと語った。

米中央軍は、この攻撃への報復は先週金曜日、米国がイラクとシリアの85以上の標的を攻撃し、その中には民兵組織とそのスポンサーであるイラン・イスラム革命防衛隊が使用する指揮統制作戦センターやミサイルも含まれると発表した。 現状では。

イランの支援を受けた民兵組織は10月17日以降、イラク、シリア、ヨルダンの米軍に対して少なくとも168回の攻撃を開始した。 国防総省が提供したデータによると、これらの攻撃によりアメリカ軍人3名が死亡、2名が重傷を負った。 9人が負傷し、他の132人が命に別条のない負傷を負った。

READ  イスラエル、ガザで地上作戦を拡大、通信遮断後にハマスのトンネルを爆撃