1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国のインフレテスト前にアジア株が下落


ファイル画像:2022年に東京証券取引所(TSE)で取引が開始された大晦日以降、コロナウイルス感染症(COVID -19)。 東京、日本での流行2022年1月4日。ロイター/加藤一世

ウェイン・コール

SYDNEY(ロイター)-投資家が別の米国のインフレを計算し、連邦準備制度理事会からの先制金利引き上げを推し進め、債券利回りとテクニカル株を押し上げたため、アジアの株式市場は月曜日に急落した。

世界中でコロナウイルスの発生が発生すると、個人消費と成長が減少する恐れがあります。また、中央銀行は、際限なく安いお金に夢中になっている市場にとって厳しい時期である現金の急増を止めることを検討しています。

初期の市場活動は慎重で、S&P 500先物は0.2%上昇し、Nasdaq先物は0.1%上昇しました。

日本以外では、アジア太平洋地域の株式の広範なMSCI指数は同等であり、韓国は0.7%下落しました。 日本の日経平均株価は先週1.0%下落した後、現在安定しています。

アナリストは、水曜日の米国の消費者物価レポートがコアインフレを3月の5.4%の50年ぶりの高値に押し上げることを恐れています。

12月の給与は予想を下回ったものの、失業率はわずか3.9%であり、賃金の高さは経済が労働者に不足していることを示していました。

ナットウエスト・マーケッツのアナリストは、「労働市場が最大の雇用圧力に近づいている、またはすでに生み出しているという事実は、中央銀行の成長するビジョンと一致している」と述べた。

「これは3月の利上げについての憶測に追加されるはずであり、中央銀行のリフトオフが6月ではなく3月に行われるという予想を外しました。」

今週、中央銀行当局者のパネルが、確認の問い合わせに直面しているジェローム・パウエル会長とラレ・ブリナード総裁を含む彼らの最新の考えを発表する予定です。

市場は急速に変化し、3月に0.25%上昇する可能性の70%以上と、年末までに少なくとも2回の上昇を伴う先物リスクを反映しています。

テクノロジーと成長株は急落しましたが、投資家が銀行やエネルギー会社に目を向けると証券は急落しました。

10年物米国債の利回りは2020年初頭に1.765%でピークに達し、先週は2019年後半以来の最大の活動で25ベーシスポイント上昇しました。 次のテーブルターゲットは1.95 / 1.97%の面積です。 [U/S]

キャピタルエコノミーのエコノミストであるニコラス・フォーは、次のように述べています。

「市場は、今後数年間で連邦金融金利がどれだけ上昇するかをさらに過小評価する可能性があるため、2023年末までに、10年間の利回りはさらに50bp上昇して2.25%になると予想されます。」

しかし、中央銀行のタカの動きは、給料日レポートが市場の高い期待に応えられなかったため、米ドルに利益をもたらす可能性があります。

金曜日に0.5%下落した後、ドルは95.764でしたが、サポートは95.568です。

ユーロは1.1354ドルに上昇し、最近の1.1184ドル/1.1382の取引範囲に近づきました。 先週の高値である116.34からドルが下落したため、日本円は直近の弱気水準から115.64で推移しました。

コモディティ市場では、金は1オンスあたり1,795ドルの影の会社でしたが、1月以降は1,831ドルまで下落しています。

石油価格は、カザフスタンの不安とリビアの崩壊によって引き起こされた供給の混乱のために先週5%上昇し、貿易の初期に下落しました。 [O/R]

ブレントは28セント下落して1バレル81.47ドル、米国原油は36セント下落して78.54ドルでした。

グラフィック:アジア証券取引所:https://product.datastream.com/dscharting/gateway.aspx?guid = 516bc8cb-b44e-4346-bce3-06590d8e396b&action = REFRESH

(Sri Navaratnamの編集)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  バークシャーハサウェイの円クレジットポイントウォーレンバフェットが日本株を購入