6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国の利下げ見通しとハイテク市場の上昇を受け、日本の日経平均株価は3週間ぶりの高値で終了

米国の利下げ見通しとハイテク市場の上昇を受け、日本の日経平均株価は3週間ぶりの高値で終了

[東京 7日 ロイター] – 米国の今年利下げで投資家心理が明るくなり、火曜日の日本の日経平均株価は1%以上上昇したが、ハイテク株は依然として眩しいばかりだった。

日経平均株価は1.57%上昇して3万8835.10円となり、終値では4月15日以来の高値となった。

より広範なトピックスは0.65%上昇し、2,746.22で終了した。

市場が連邦準備理事会(FRB)の年内利下げの見通しを織り込む中、米国株は新たな勢いをけん引した。 金曜の米雇用統計で4月の成長率が予想を下回ったことが示され、買いがさらに加速した。

明るいニュースを受けて日本株は幅広く上昇し、日経平均構成銘柄225銘柄のうち152銘柄が値上がりした。

米国のハイテク大手アップルが明るい決算を発表したことを受け、長い週末から戻った投資家が閑静なウォール街に向かう中、国内ハイテク株は上昇した。 このセッションの上昇により、日経平均株価は600ポイント上昇しました。

日本の金融市場は金曜日と月曜日が祝日のため休場となった。

野村証券のチーフマクロストラテジスト、松沢那加氏は、2024年に利下げが行われないのではないかとの懸念が強まった後、日経平均は「救済反発」を楽しんでいると述べた。

ただ、市場参加者や中央銀行当局者はFRBの利下げ話を裏付けるために今後のデータに注目しているため、依然として多少の困難が待ち受けている可能性があると同氏は付け加えた。

個別銘柄では、半導体製造装置の東京エレクトロンが5.2%上昇して指数ポイントを179.47ポイント加えたほか、チップ関連のディスコ・コープが9%近く上昇し、この日最高のパフォーマンスとなった。

AIに特化した新興企業投資家のソフトバンクグループは3.7%上昇した。 チップ検査装置メーカーのアドバンテストは2.3%上昇した。

ハイテク製品以外では、日経平均株価とユニクロの親会社であるファーストリテイリングが3.2%上昇し、指数に126.51ポイントを加えた。

ソニーグループと製薬大手第一三共はそれぞれ2.9%、3.2%下落しつまずいた。 (ブリジット・ライリーによるレポート、シェリー・ジェイコブ・フィリップスとムリガンク・タニワラによる編集)

READ  トム・マーカンドは日本で再び走ることを熱望している