5月 30, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国の国連大使、北朝鮮に拉致され連行された日本人家族への支援を約束

米国の国連大使、北朝鮮に拉致され連行された日本人家族への支援を約束

米国は、数十年前に北朝鮮に拉致された日本人全員が帰国し、つらい別離に終止符を打つまで日本を支持する。

日本は、北朝鮮が1970年代と1980年代に工作員として訓練するために少なくとも17人の日本人を拉致したと発表した。 現在も12人が行方不明となっている。 中には日本の海岸沿いに住む10代の学生やその他の人々も含まれており、多くは小型ボートに詰め込まれて海路で北朝鮮に輸送された。

トーマス・グリーンフィールドさんの日本訪問は、拉致被害者の家族と面会することから始まった。

同氏は親族5人との面会の冒頭で、「米国はすべての家族、日本、国際社会を支持し、政権の政策によって引き離されたすべての家族の再会を可能にする解決策を求める」と述べた。 拉致被害者とその支援団体の官邸代表。

「私は、ここにいるあなたの家族が経験している痛み、喪失、苦しみをよく知っています」と彼は言いました。 「あなたにとってそれがどれほど苦痛であるか、そしてその後どれくらいこの痛みに耐えなければならないか私は知っています。」

トーマス・グリーンフィールド氏は、キャリアを通じて北朝鮮関連の問題に取り組んできたと述べた。

ジョー・バイデン米大統領の政権は「あらゆる機会に拉致問題を提起し、拉致された日本人を家族の元に呼び戻す」ことに尽力しており、米国は指導力に関係なくその政策を堅持していると大使は述べた。

日本の岸田文雄首相は、拉致被害者の返還に向けて北朝鮮の金正恩氏と首脳会談を開催するという決意と努力を繰り返し表明している。

専門家らは、金氏が米国とその同盟国との間にくさびを打ち込むために日本との関係改善を望んでいる一方、与党が大規模な汚職スキャンダルに見舞われている岸田氏は、密輸事件の突破口を利用して低下する支持を好転させたいと考えていると指摘する。評価。 自宅で。 しかし、密輸問題解決に向けた北朝鮮の前提条件を日本が受け入れることができないため、首脳会談は困難になるだろうとの見方を示している。

1977年に日本北海岸沖で当時13歳の娘めぐみさんが学校帰りに誘拐された横田早紀さん(88歳)は、彼女と夫、めぐみさんの兄弟らが20年間捜索していたとトーマス・グリーンフィールドに語った。 。 彼女が誘拐されたとわかるまでは。 彼らはまだ待っている、と彼女は言った。

横田さんは「元気なうちだけ会いたい」と大使に問題解決への継続的な支援を訴えた。

北朝鮮と中国による地域の緊張が高まる中、米国、韓国、日本は安全保障上の関係を深めている。 3カ国はいずれも、米国の戦略資産を中心に構築された共同軍事演習と抑止戦略を拡大してきた。

___

韓国ソウル在住のAP通信記者キム・ドンヒョン氏がこの報告書に寄稿した。

READ  カリカリくんのお米風味のアイスキャンディーは、頭を悩ませる日本の新しいお菓子です。