2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

系統発生、個体群構造、および個体群統計解析により、Vicia sepium は日本原産で外来種ではないことが明らかになりました。

系統発生、個体群構造、および個体群統計解析により、Vicia sepium は日本原産で外来種ではないことが明らかになりました。

ビシアセピウム L. (ブッシュベッチ、マメ科)は、ユーラシア大陸の温帯ユーロシベリア広葉樹林地域に広く分布する小さな多年草です。1。 水平方向と垂直方向の両方に広く分布しています。 たとえば、スイスアルプスでは、低地から亜高山帯まで生育します。2。 しかし、その種子散布はオートファジーであるため、この種子散布システムは水域での長距離散布には適していません。 家畜の牧草として人間によって導入され、北米に帰化しました。1。 日本では、いくつかの地域でのみ報告されています:伊吹山、本州中部。 北海道中南部。 そして四国の石鎚山。 日本国内での流通地域が限られており、距離も離れているため、日本産と考えられています。 V. セピウム ヨーロッパから導入され、ヨーロッパに帰化した3,4

伊吹山は中部に位置する厳しい地域環境を持つ山です。5。 標高は 1377 m とそれほど高くありませんが、冬の積雪は深く、1927 年には 11.82 m に達し、世界最高記録を記録しました。 基本的な土壌は石灰岩で構成されており、水はけが良く、森林の成長を制限する干ばつが特徴です。 この独特の環境により、大雪、高山植物、固有種からなる固有植物相が形成されています。 [e.g., Veronica subsessilis (Miq.) Carrière, Cirsium confertissimum Nakai, and Euphrasia insignis Wettst. subsp. iinumae (Takeda) T.Yamaz.]。 伊吹丘陵にあるこれらの植物は、17 世紀以来、薬用、肥料、牧草として地元の人々に利用されてきました。6

と仮定されます V. セピウム 伊吹山の起源は、16世紀に地方総督の織田信仲が大規模な薬用植物園の造成を指示した際に、ヨーロッパのイエズス会宣教師がヨーロッパから持ち込んだ薬用植物の種子と偶然混入した種子に由来します。 50ヘクタール78,9。 しかし、この庭園の痕跡はなく、古文書に記載されているだけです」南番地小拝記』(日本キリスト教会興亡史)10。 したがって、存在 V. セピウム およびヨーロッパ原産の他の2つの非薬用植物 [Lathyrus pratensis L. and Elymus caninus (L.) L.] この庭園を源流としている。 もう一つの古い文書、「素目宗説」(植物の統計と説明)11多いと報告されました V. セピウム 伊吹山では個体が育っていた。 本書では和名の一つである「カラスノントウ」で命名しているが。 ビシアサティバ L.、植物として識別できます V. セピウム 図の葉先の丸い形から。 さらに、 V.サティバ特徴的な凹んだ葉先で描かれたこの植物は、本の別のページに「ヤハズノエンドウ」と記載されています。 この証拠は次のことを示唆しています V. セピウム 少なくとも166年前、伊吹は富士山で育ちました。

北海道では、 V. セピウム 1 つは中部地域で記録され、2 つは南部地域で記録されています。 北海道の最も正式な植物標本館である北海道大学総合博物館(SAPS)の植物標本館には、道央の長沼町周辺で採取された標本が数多く保管されています。 この地域では主に川岸斜面の人工草地に生育しています。12 それらは人為的妨害地域に近い。 SAPS は 2 つの古いモデルを維持しています V. セピウム 1878年と1894年に北海道中部で収集(クラス’80s.n.1878 年 7 月、SAPS066754 および H. ナガイア SN1894 年 6 月初旬、SAPS066753)、これは示唆しています。 V. セピウム 少なくとも 145 年前にはここで栽培されていました。 この証拠に基づいて、次のように推測されます。 V. セピウム 明治時代初期(19世紀後半)、北海道への植民初期に、牧草の種子の他家受粉によって北海道に導入されました。4,12

北海道南部では様似町や松目町などで記録されています。 前者は高橋のみで報道13、サンプルは SAPS に保存されません。 したがって、様似荘における分布は不明である。 後者は最近発見された新しい場所で、2 つの標本が配置されています (D. 島崎 21-0232021 年 5 月 5 日、SAPS061611 および D. 島崎 21-047、2021年5月24日、SAPS061868)。 生息地はそれぞれ峠の岩場と峠の草原です。 Googleマップの航空写真では(https://www.google.com/maps/、2023年4月13日にアクセス)、新しい収集場所は森林に覆われた自然環境であり、人為的な妨害からは遠く離れているようです。 この新しい発見は疑問を引き起こします V. セピウム 移入されたもの、またはここで自生するもの。

ビシアセピウム 四国の石鎚山でも記録されています。3,4。 これらの記述はおそらく神野氏と山本氏が報告した石鎚山の植物相リストに基づいていると思われる。14。 それでも “V. セピウム」では和名の一つである「烏野円堂」が和名として与えられています。 V.サティバ。 神野と山本より14 植物が存在する可能性がある伊吹山とは異なり、植物の図解や引換券標本は記録されていません。 V.サティバ と誤認された V. セピウム。 さらに、 V. セピウム 例えば15,16。 したがって、配達記録「V. セピウム” 山の上で。 石鎚が示す V.サティバ

したがって、信頼できると知られているのは日本で 3 つの地域のみです。 V. セピウム 生育地:伊吹山と北海道中南部(図1)。 近世にヨーロッパから導入されたものであれば、ゲノムにその特徴があるはずです。 過去の日本人の人口規模の変化の軌跡を評価する場合 V. セピウム 時間が経つにつれて、多様性の一部だけが導入されたとしても、人口は日本人になりました。 V. セピウム その時、人々は突然の深刻な人口動態の混乱を経験するでしょう。17。 また、日本標本と外国標本の系統関係を比較することで、その起源にたどり着くことができます。 したがって、ここでは、日本人と外国人(ヨーロッパ、シベリア、東アジア)の集団からの葉緑体と核の DNA データを分析しました。 V. セピウム 日本語の起源をモデル化して解明する V. セピウム 家系図、系統発生、集団構造、および集団統計分析を通じて。

図1

サンプリングサイトの分布と場所 ビシアセピウム 日本で。 () は既知の分布です V. セピウム 日本で。 モデルサイト。 不確実なサイト。 (BE) 人口の所在地 (B) 伊吹山 (c)北海道中部、(E)北海道南部。 挿入図 (B) 花を示しています V. セピウム 伊吹山にて。 グラフは R パッケージ ggplot2 バージョン 3.4.2 (https://ggplot2.tidyverse.org) およびマップ バージョン 3.4.1 (https://CRAN.R-project.org/package=maps国土地理院より無償提供された数値標高モデルデータを利用(https://www.gsi.go.jp/)