9月 18, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

紙の力:デジタルの急増の中で日本のマンガ業界が特別版をどのように採用したか

東京-書店とコンビニエンスストアの漫画部門は、最近の生涯でした。 6月9日にリリースされた「進撃の巨人」の最終巻から「呪術廻戦」の大成功まで、成功は続いています。 これらの人気のあるタイトルの中で、詳細なデザインとアクセサリーを備えたより高価な特別版が特に成功しました。

諫山創の漫画「進撃の巨人」は、2009年にコダンシャー社の週刊少年マガジンでシリーズを開始しました。この雑誌は主に10代の少年に販売されていました。 このシリーズは、電子版を含めて約1億部を売り上げました。 6月9日には第9巻と最終巻が発売され、標準版572円(約20 5.20)に加えて、2つの特別版が発売された。

書店限定版には、シリーズ冒頭から絵コンテ2章を収録した追加マニュアル「The Beginning」と、第138章と最終章をまとめたコンビニエンスストア版「TheEnd」が付属。 どちらのバージョンも税込1,100円(約10ドル)です。

2012年にリリースされたシリーズの第7巻以降、ほぼすべての巻に標準版と特別版があります。 現時点で特に興味深いのは、コンビニエンスストアで定義された「終了」バージョンでした。 リリース当日、Twitterの読者は手に入れることに喜びを表明した。

近年、特別版の出版慣行が広がっています。 Shuishaのシリーズ「鬼滅の刃鬼滅の刃」は2020年に大成功を収め、20〜23巻と最終巻は特別版でリリースされるか、素材やその他の素材でパッケージ化されました。

もう1つのShuishaシリーズである呪術廻戦は、電子版を含めて5,000万部以上を売り上げました。 12月に発売予定の第18巻と2022年4月に発売予定の第19巻では、コンパイルされたオプションを最初に追加することが決定されました。

マンガシリーズ「呪術廻戦」第1弾の限定版は、編集された資料を含む映画です。 (C)KKアカデミー/ Suysha

18巻はアクリルカレンダーなどを含めて前売り3,850円(約35ドル)、19巻は1行4,620円(約42ドル)で、物語。 書籍の予約は8月6日まで受け付けています。

Shuisha氏は、「呪術廻戦がアニメ化される前から、原作の漫画のチャートブックが非常に人気があり、アクセサリーなどの商品の付加価値を求めているとのことで、今回は製作中です。それらの顧客のニーズを満たすための特別版。」

しかし、これらの特別版が通常の販売戦略になったのはいつですか? キルギスタン女子大学の講師で出版とマンガの専門家である山森洋氏によると、2001年に熱意を持って実践が始まったという。 同年、日本出版社協会は規則を改正し、付属品の数量と重量に関する規則を緩和しました。 。

それに応えて、ファッション雑誌や他の出版物は、豪華なエクストラを備えた特別版を計画し始めました。 新しいセールストリックが広まりました。 山森氏はミニチ・シンプ氏に、「コミックはこれらの波に乗り、複数のバージョンを限定版と組み合わせた。当初は最も熱狂的なファンのみを対象としていた」と語った。

現在、多くのヒットシリーズが特別版をリリースしています。 山森氏によると、ゲームと出版の会社であるスクウェア・エニックスは、2000年代にこの傾向を後押ししたとのことです。 人気漫画シリーズ「鋼の錬金術師」と同様に、TVアニメなどのメディアを通じて男女の読者に広く人気のある商品づくりを図り、特集コミックを積極的に公開。

「当時、少年少女、熱狂的なファン、一般の人々に売り出されていたものの境界が曖昧になり、特別広告付きの漫画が広く認知された」と山森氏は主張した。 最近では、コンビニエンスストアやオンライン書店での特別版コミックの入手が容易になり、広く受け入れられるようになり、多くの人がアクセスしやすくなっています。

市場調査研究機関である出版研究所によると、2020年までにマンガ雑誌や本の印刷版の総売上高は前年比13%増の2,706億円(約4,424億4,000万円)となる。 「鬼滅の刃」などの成功。 電子書籍の売上高はさらに増加し​​、紙の売上高は前年比32%増の3,420億円(約31億ドル)に達しました。

「コンテンツを消費したいのなら、デジタルで十分です」と山森氏は語った。 「しかし、紙のマンガを販売している場合は、人々が購入してほしいものを作成する必要があります。近年(すべての出版社)に本の主要なカバーデザインと紙のタッチが含まれています。限定版はその戦略の一部です。」

Twitterなどのソーシャルメディアの普及も、限定版の人気を高めるのに役立っています。 ファンがサイトを使用して、リリース日に製品を購入したことを報告することが非常に一般的になっています。 「何かを買うことはファンのためのイベントになりました」と山森は言いました。 この種の企業向け商品の販売戦略は、成功につながる分野の1つです。

(日本のオリジナル松倉裕介、デジタルニュースセンター)

READ  パラリンピックが始まる数日前に、日本は記録的な数の政府の事件を調べています