5月 23, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

緊張が高まる中、中東に900人の米軍が派遣・配備されている

緊張が高まる中、中東に900人の米軍が派遣・配備されている



CNN

連合軍基地への一連の攻撃で兵士20人近くが軽傷を負ったことを受け、中東地域の緊張が高まる中、900人近くの米軍が中東に派遣されているか、派遣中である。

国防総省報道官准将。 パット・レーダー大将は木曜日に記者団に語った。 「配備および配備された部隊には、テキサス州フォートブリスの高高度地域防衛中隊、オクラホマ州フォートシルのパトリオット中隊、ノースカロライナ州フォートリバティのパトリオットおよびアベンジャー中隊、およびフォートブリスおよびフォートカバゾスの関連防空本部要素が含まれます。テキサス。

ライダー氏は、派遣部隊はイスラエルには行かず、「地域の抑止活動を支援し、米軍を守る能力を強化することを目的としている」と付け加えた。

五角形 以前に発表された THAADとパトリオットバッテリーの配備。

イスラエルとハマスの戦争が続く中、米国は地域内で紛争がさらに広範に拡大するのを防ぐため、敵対国に強いメッセージを送ることを目指している。

CNNが報じた 米国は、イランが米国のイスラエル支援に対する中東地域での暴力的な反応を利用しようとしており、イランの支援を受けた民兵組織が中東で米軍に対する攻撃を強化する計画を立てているという情報を入手している。

ライダー氏は木曜日、10月17日から26日までの間、米軍と連合軍が「イラクでは少なくとも12回、シリアでは4回、一方向からの攻撃用無人機とミサイルの組み合わせによる攻撃」を受けたと述べた。

CNNは水曜、10月17日から18日にかけて起きた攻撃により、米軍人21人が軽傷を負ったと報じた。 ライダー氏によると、そのうち19人(イラクのアル・アサド空軍基地の15人、シリアのアル・タンフ駐屯地にいた4人)は外傷性脳損傷と診断されたという。

同氏は、その後全員が任務に復帰しており、「10月17日と18日以降、負傷者や外傷性脳損傷の症例は出ていない」と付け加えた。

ライダー氏は、木曜日に行われた攻撃はアルビル空軍基地を標的としたもので「失敗」に終わり、死傷者は出ず、「インフラへの軽微な被害」は出なかったと述べた。

木曜日の発表は、国防総省が先週、展開命令に備えて約2,000人の米軍兵士を待機させた後に行われたもので、国防総省のサブリナ・シン副報道官は、展開命令は「防空、警備、兵站、医療サービス、諜報、監視、偵察」の提供に重点を置いていると述べた。 輸送サポート。

これは、すでにイラクとシリアに駐留している米軍(それぞれ約2,500名と約900名の兵士)と、この地域へ向かうと発表されている海軍資産に加えられるものである。 USS ドワイト・D・アイゼンハワー空母打撃群は中東に向けられており、USS ジェラルド・R・フォード空母打撃群は現在東地中海にいます。

ライダー氏は木曜日、米軍への攻撃への対応の遅れについて説明を求められ、米軍は「我が国の軍隊を防衛する固有の権利を留保しており、我が国の軍隊と海外の権益を守るために必要なあらゆる措置を講じる」と述べた。

さらに、「これらのグループに関して、私たちは、これらがイランによって支援され、イランによって支援されている民兵組織であることを改めて認識しており、もちろん、これらのグループに対する責任はイランにあると考えています。」と付け加えた。

READ  米国がイラク襲撃でイラン支援のカタイブ・ヒズボラ民兵組織の幹部を殺害、米高官が発表