4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

致死性の溶連菌感染症が日本で記録的なレベルに達している

致死性の溶連菌感染症が日本で記録的なレベルに達している

アリマト・アリエワ著

致死性の溶連菌感染症が日本で記録的なレベルに達する医療機関は致死率30%の細菌性疾患の増加の原因究明に奔走している。 アジュールニュース 海外メディアを引用して報じた。

2024年の感染者数は昨年の記録を上回ると予想されている。 同時に、連鎖球菌感染症の中で最も重篤かつ致死的な形態である連鎖球菌トキシックショック症候群の蔓延が続いていることは、日本における深刻な懸念事項である。 国立感染症研究所によると、昨年はそのような症例が941件登録された。

2024年の最初の2か月間で、日本の47都道府県のうち45都道府県で378人の感染が検出された。 高齢者にもリスクはありますが、グループ A 株は 50 歳未満の患者でより多くの死亡を引き起こします。

地元メディアによると、2023年7月から12月までに診断された50歳未満の65人のうち21人が死亡した。 この細菌は風邪のような症状を示し、時には肺炎や髄膜炎などの合併症、重篤な場合には臓器不全や壊死などの合併症を引き起こします。

Twitterでフォローします @AzerNews

READ  日本は本当に地熱発電を測定できるのか?