7月 3, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

西日本のエーハイム原子炉は、2年間の停止後に再開されました

四国電力は木曜日に愛媛県の原子炉を再開しましたが、定期検査と法廷禁止のため、2019年12月からオフラインになっています。

2020年1月の広島高等裁判所が3月に転覆した後のイカタ原子力発電所の番号は、安全上の理由から原子炉の運転を制限するという拘束命令が出された。 3原子炉を再起動した。

愛媛県にある四国電力の伊方原子力発電所で番号を付けた2021年3月10日に撮影された写真。 図3は原子炉を示している。 (京都)

2020年の高等裁判所の判決は、130km離れた阿蘇山の壊滅的な噴火に関する四国電力原子力規制委員会の規則とリスク評価に基づいていました。

しかし、四国電力の異議申し立てを受けて、同裁判所は今年3月に以前の命令を覆し、原子炉の再起動を許可した。

四国電力は当初、10月中旬に原子炉を再起動する予定でしたが、今年7月に伊方工場の夜間勤務の従業員の1人が施設外のガソリンスタンドに行ったと発表されたため、運転を延期せざるを得ませんでした。許可なしに。 2017年から2019年の間に5回安全規制に違反しました。

11月中旬、中村時広知事から、グローバル安定化システム機能を搭載したスマートフォンを全職員と夜間勤務職員に引き渡した後、再発防止の許可を得た。

READ  日本とベトナムの指導者はウクライナでの武力行使を拒否した