5月 17, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

見事な新しい画像は火星の巨大な「爪の跡」を示しています

解決すべき謎はまだたくさんありますが、 火星 私たちが現在どちらかを使用している数十台の作業ロボットのおかげで、それは毎日私たちにとってより明確になっています 赤い惑星の表面 また 軌道上

欧州宇宙機関(ESA)のマーズエクスプレスオービターのこの最新バージョンでは、火星の地質学のユニークな特徴が驚くほど詳細に示されています。

これらの溝は、惑星の表面を横切る巨大なへこみのように見え、火星の巨大なリフトシステムの一部であり、TantalusFossaeとして知られています。

写真の詳細は別として、私たちが見ている規模は本当に驚くべきものです。これらの盆地は、深さ350メートル(1,148フィート)、幅10キロメートル(6.2マイル)で、最大1,000キロメートルまで伸びることができます。

画像はトゥルーカラーです。つまり、人間が自分の目でその領域を見ている場合に見えるものを表しています。

技術的には「イメージ」ではありません。 この画像は、火星の数値地形モデルから作成され、欧州宇宙機関のマーズエクスプレスの高解像度ステレオカメラのカラーチャンネルを使用していますが、広大なエリアの非常に鮮明なビューを提供します。

(ESA / DLR / FUベルリン、CC BY-SA 3.0 IGO)

上の画像は傾斜した視点を示し、下のショットはタンタルスフォッサエのトップダウンビューを示しています。

タンタロスクレーターの写真(ESA / DLR / FUベルリン、CC BY-SA 3.0 IGO)

によると ESAプレスリリースこれらの画像の地球の解像度は約18m/ピクセルで、画像の中心は約43°N/257°Eです。 北を右に。

では、私たちは何を見ているのでしょうか?

穴が中空または うつ、そしてアルバモンと呼ばれる広大で比較的平坦な火星の火山の東側に沿って走っているTantalusFossae。

表面積に関して言えば、アルバモンスは火星で最大の火山であり、その火山の流れ場は少なくとも1,350キロメートル(840マイル)に及びます。 しかし、最高点では、高さはわずか6.8キロメートルです。

これらの化石は、アルバモンスが惑星の地殻から上昇し、周辺地域に被害と亀裂を引き起こしたときに作成されました。

tantalusfossae2の写真(ESA / DLR / FUベルリン、CC BY-SA 3.0 IGO)

「TantalusFossae断層は、 スナッチ、” バージョンについて説明します。 「2つの平行な断層が開いたときに各トレンチが形成され、それらの間の岩が結果として生じたボイドに落ちました。」

同様の特徴は、アルバ・フォッサエとして知られるアルバ・モンスの西側にも見られます。

これらの画像は見た目が美しいだけでなく、火星の表面がどのように形成されたかを理解するのにも役立つ可能性があります。

これらの構造は一度に形成されたのではなく、次々に形成され、いくつかの盆地が互いに交差することにつながると考えられています。

たとえば、写真にある衝突クレーターは全体に広がっており、クレーターが最初にあったことを示しています。 上の2つの写真では、盆地の左上に小さいクレーターがあり、おそらく小さいことがわかります。

マーズエクスプレスは火星を周回していた 18歳以上になりました。 私たちは、私たちの隣の惑星のよりユニークな景色を見るのを楽しみにしています。

READ  マンモスを忘れてください-これらの科学者は、そのDNAを編集することによって、絶滅したクリスマス島のネズミを復活させるために働いています