5月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

親バイデン・反中国の岸田文雄氏は中間選挙で惨敗。 日本の首相支持率「過去最低」

親バイデン・反中国の岸田文雄氏は中間選挙で惨敗。 日本の首相支持率「過去最低」



著者: アムラン・ダッタ博士

自民党は4月28日、島根第2選挙​​区で選挙戦を行った。 長崎地区1番地 3位と東京地区No. 15.

実際、2023年11月以来日本の政治を揺るがしている裏金スキャンダルの余波で、長崎選挙区と東京選挙区における自民党への支持率が明らかに低いため、自民党は候補者を擁立することに躊躇している。 国民はそれに反対して暴動を起こしている。

島根地区No. 保守派の本拠地であるため長らく自民党の本拠地とみられていた1位は、自民党候補が苦杯をなめた。 ここで元財務省官僚の自民党の錦織憲正氏が最大野党の立憲民主党の亀井亜紀子氏に敗れた。

岸田氏は残りの2議席を譲り、自民党の関心を島根議席の防衛に集中させたが、細田博之前自民党衆院議長の死去により促進された。

偶然にも裏金事件では細田氏も名前が挙がった。 岸田氏は4月24日、参院予算委員会で、補欠選挙での岸田氏の「政治に対する姿勢」は有権者が判断することになると述べた。 4月27日には島根県で自民党候補を応援して広範囲に遊説した。

投票 4月28日、国営放送NHK、共同通信社、その他のメディアは、自民党が敗北の瀬戸際にあることを報じた。 日本を代表する新聞である朝日新聞は、4月28日の補欠選挙について、同党が争った唯一の議席を失ったため「LTPにとって暗い日」と呼んだ。

自民党の茂木敏充幹事長は、この結果を「非常に厳しい」と述べた。 彼は東京で記者団に語った。 さらに「厳しい決断を謙虚に受け止め、改革と課題克服に向けた努力を続ける中で国民の信頼を取り戻すために全力を尽くす」と述べた。

主要野党党首であり、2021年から立憲民主党の顔となる泉健太氏は、中間選挙を裏金汚職問題と日本の政治改革の必要性と結びつけた。

同氏は記者団に対し、「同様の見解を示したいと考えている有権者は全国に大勢いる」と語った。 和泉氏は早期の国政選挙の可能性を示唆した。 立憲民主党は補欠選挙で3議席すべてを獲得した。

裏金スキャンダルは、自民党の最大・最も影響力のある派閥である安倍派の議員らが、自民党の資金集めパーティーから集めた一定額の資金を報告せず、非公式な経費に流用したというものである。 推定9億7,000万円(650万米ドル) 検察が提示した数字は2018年から2023年までの5年間を対象としている。

2024年1月、安倍派の自民党議員3人を含む10人が、それぞれ3,000万円(20万ドル)以上の申告漏れ収入を受け取ったとして政府検察によって起訴された。

また、この詐欺では岸田課の社員や経理担当者も手袋をはめていたことが判明した。 その結果、岸田氏と自民党全体に対する国民の信頼は急速に失墜し、岸田氏はスキャンダルに伴う汚名を克服するのに苦労している。

2月29日、岸田氏が初の現職首相に就任 すみません 政治倫理委員会の国会議員。 純粋な数字で言えば、汚職による影響は首相の影響に匹敵する 岸田内閣支持率は16.6%に低下した。 2024年4月には同氏が2021年10月に就任して以来最低となった。

支持率は2024年3月から1.4%ポイント低下し、負のスパイラルを示している。 実際、岸田氏の支持率は、こうした世論調査が始まった1947年以来、戦後の日本の首相の中で最低となっている。

岸田氏は内閣改造や派閥解散など「火には火で対処」しようとしたにもかかわらず、支持率は低迷し続けた。 泥沼スキャンダルが勃発する前でさえ、彼の支持率はすでに30%ポイントの危険マークを下回っていた。

裏金スキャンダルは、すでに低迷していた岸田政権にさらなる打撃を与えた。 スキャンダル発覚以来、岸田氏は自民党内外の敵対者やライバルに政治的スペースを譲らないよう全力を尽くしてきた。 同氏は日本国民に対し、自民党に対する国民の信頼を回復し、必要な改革をもたらすために全力を尽くすと約束した。

名誉のために言っておきますが、同氏は自民党への内部調査を命じ、犯人の責任を追及し、原因の根本を解明すると述べました。 4月4日、自民党内倫理委員会による懲戒処分の一環として、 自民党議員39人が停職処分

その中には、安倍派幹部の塩谷龍氏(15人からなる安倍派全権執行委員長)や元自民党幹事長の世耕弘成氏(元参院議員団幹事長)も含まれる。 議員辞職は自民党の懲戒手続きで除名に次いで重い処分となる。

アメリカ-日本
ファイル: ジョー・バイデン米国大統領と日本の岸田文雄首相

しかし、岸田氏と支持者らが今回の訪問について説明したように、岸田氏は1週間の米国訪問が「成功」すれば、岸田氏と党に選挙上の利益をもたらすだろうと確信していた。 大成功です。

米国訪問後、国内の支持率は5.4%ポイント上昇した テレビ朝日世論調査と述べ、米国訪問に対する国民の支持を強調した。 悲惨な補欠選挙の後に岸田氏に何が待ち受けているのか? 岸田氏の政治的将来に対する最大の脅威は自民党内から来るだろう。

自民党幹部の指導者交代のささやきが高まっている。 同氏はすでに裏金汚職や政治改革の失敗などで国民の批判にさらされている。

この結果は、彼のリーダーシップと自民党に対する支配力を確実に損なうであろう懲罰とみなされている。 現時点で野党は分裂しているが、敗戦により岸田氏に対する内部攻撃が加速する可能性がある。

岸田氏は最近まで、2024年9月の自民党総裁ポストの世論調査で最有力候補とみられていた。 この文脈では、次のような憶測があります。 岸田氏は衆院解散も可能 今国会会期末に早期選挙が実施される可能性がある。 自民党が勝利すればほぼ確実に9月の総選挙で同氏が首位に戻ることになるため、誘惑は高くなる可能性がある。

しかし、4月28日の補欠選挙の結果があれば、衆院解散というそうした希望は打ち砕かれることになるだろう。 岸田氏が今後どのような決断を下すにせよ、今後数カ月で日本の政治が混乱することは間違いない。

  • アムラン・ダッタ博士は、ニューデリーのディーン・マーシー・ハウスにある首相博物館・図書館(PMML)のジュニア・フェローであり、東アジアとインド太平洋に対するインドの政策に取り組んでいます。 デリー大学東アジア学部で博士号を取得し、日本の国内政治と日本の外交政策に取り組んできました。 彼は内務省、ラシュトリヤ・ラクシャ大学(国家重要研究所)の元助教授でもあります。 インドの。 彼の主な焦点分野は、国際関係、インド外交政策、東アジアの国内政治と地政学、安全保障研究、海洋安全保障です。

READ  日本政府は2022年度の税制改革パッケージを採用しました