5月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

赤松健は、物議を醸している日本の請求書発行システムを止めることはできないと述べています – Curiosity

赤松健は、物議を醸している日本の請求書発行システムを止めることはできないと述べています – Curiosity

漫画家から国会議員に転身した彼は、来年10月に施行される法律の改正に力を注いでいる。

漫画家は議員になったものの 赤松健 論争の的となっている日本の新しい関税制度に激しく反対する立場で選挙運動を行ってきたが、この問題に関する彼の最新のコメントはより慎重なものになった。 先週の金曜日、彼はTwitterで、システムの実装を妨げたり遅らせたりするために法律を変更することの禁止は高いと書いた. 代わりに、彼は来年10月に施行された後に問題が発生した場合、法律を変更することに焦点を当てます.

「党の税制研究会でも延期や中止の意見が強い」 [the invoice system]」 と彼は書いた. 「しかし、これを達成するためのハードルは、少なくとも法的観点からは高い. この件は議長に任せます。 来年10月の施行後、制度に問題があれば法改正する」と話した。

フォローアップのツイートで、彼は、システムを完全に停止することができない場合、請求書システムに反対する業界は、脆弱な市民への害を減らすよう請願していると述べました. 彼は、それを支援するために財務省とも交渉していると述べました。 その結果、消費税を 3 年間で 20% に引き下げるという妥協点に達しました。

「しかし、課税側の関係者はまったくやる気がない」と彼は指摘した。 「他に何ができるかを検討しながら、主要な問題である業界全体での賃金の引き上げに対処するために、出版社や他のグループと話し合いを始めました。」

自民党 宣言された 11月30日、売上高1000万円未満の中小企業の税率が3年間で20%に緩和される。 自民党の税制調査会の宮沢洋一委員長はメディアに対し、請求書制度は遅れることはないと語った。

フリーランスや個人事業主は、新請求書発行制度により、請求書に消費税がかかるため非課税対象外となります。 漫画業界の調査によると、回答者の 98% が個人事業主であり、そのうちの 20.6% は、請求書発行システムによって廃業に追い込まれることを恐れていると述べています。

このシステムは、個人のプライバシーを侵害することで物議を醸しています。 請求書は、個人が本名を使用して提出し、名前が国のデータベースを通じて公開されている場合にのみ、「検証済み」と見なされます。 これは、漫画家やバーチャル YouTuber など、実名を非公開にすることを好む労働者にとって問題となります。

システムの不人気にもかかわらず、登録ユーザー数は増加しています。 国税庁で請求システムを担当する下野哲司さんによると、システムの登録者数は10月末時点で143万人で、9月末から22万8000人増えた。 毎月約20万件の新規登録があります。 推定 300 万の課税事業者のうち、すでに登録されているのは半数未満です。

ソース: 赤松健Twitterの アカウント 経由 ヤロン!

READ  日本からの新しい建築ディスプレイ