10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

路地と呼ばれる熱帯低気圧が日本を襲い、少なくとも6人が負傷した

土曜日に太平洋中部と東部の西部を襲った熱帯低気圧で少なくとも6人が負傷しました。

嵐は東向きに続き、午後には熱帯低気圧に弱まると予測されています。 しかし、気象センターは、特に北部と北東部で、地滑り、洪水、満潮のリスクがあると警告しました。

嵐は金曜日に九州の南西本島に上陸し、四国と近畿地域を襲う前に東に移動しました。

地方自治体によると、土曜日の早朝、ワガのミハマでは、屋根瓦が約50の家から落ち、窓ガラスが粉々になり、10代の若者が負傷した。

救助隊員によると、九州では暴風雨により5人が負傷した。

土曜日に和歌山県美浜町を襲った熱帯低気圧が土曜日に家屋や車のフロントガラスなどに被害を与えた。 | 京都

いくつかの便が欠航したため、列車の運行は大きく影響を受けました。

オタゴ電気鉄道は、田京の新宿駅と隣接する神奈川県の箱根温泉リゾートとの間のロマンスカーサービスを一時的に停止しました。

西日本鉄道が福岡と広島間の運行を停止し、広島と大阪間の列車の数を減らした後、金曜日の午後に山陽新幹線で弾丸列車の運行が再開された。

九州電力会社によると、九州では一度に7,000世帯以上が電気を失っていたそうです。

日曜日の朝から24時間で、中部日本の東京地域では250 mmの雨が予想され、東京周辺では最大180mmの雨が予想されます。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  中国のモバイルゲームに続いて、日本の地元の才能