9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

車いすテニスシングルス部門で日本の神地が銀メダルを獲得

日本の上地結衣は金曜日の東京パラリンピックでの女子車いすテニスシングルスで銀メダルを獲得し、オランダのタイドデグルートにストレートセットで敗れた。

カミジは3回目のパラリンピックに出場し、アリアックテニスパークで1位のオランダ人女性に6-3、7-6(1)で敗れ、最初の金メダル獲得を失いました。

1992年のバルセロナパラリンピックでのスポーツの導入以来、オランダのアスリートは女子シングルスのすべてのスポーツで優勝しています。

9月東京のアリアックテニスパークにて。 (京都)==京都

「(対戦相手の)力と戦術に圧倒された。最終段階まで諦めないという精神で積極的にプレーしたことを認めたい」と神地は語った。

「最善を尽くしましたが、銀メダルを獲得するのはイライラします。」

リオデジャネイロ大会でシングル銅メダルを獲得した神地は、ほぼ空き地で行われた大会開始から、24歳のオランダ人女性のコートの動きと力を維持するのに苦労しました。

2セット目で5-4を引きずった後、日本人は最後の試みを行い、8デュースを交渉し、サーブでセットを平準化しました。 彼はサービスブレイクでゲームリードを持っていたと言ったが、deGrootはすぐにタイブレークを余儀なくされた。

タイブレークで、彼は6時間勝ち、1時間45分でゲームを終了しました。

2016年のゲームからの銅メダルゲームの再戦で、De Croodは15のブレークポイントのうち8つをシフトし、17のフォアハンドの勝者を14のコミッサールに変換しました。

スピナ・フィフィダ生まれのカミジは、2004年に車椅子テニスを始めました。 彼は高校生のときに2012年ロンドンオリンピックでパラリンピックデビューを果たし、準々決勝に到達しました。

なる。 彼は24日のパラリンピックの開会式でトロフィーを運ぶ3人のアスリートのうちの1人でした。

東京で車いすテニスシングルスの金メダルを獲得するために、土曜日の男子シングルス決勝で、第1シードのゴニダシンコがオランダのトムエクペリングと対戦します。

彼らは金曜日の男子ダブルス銅メダルの試合で出会った。 国田とパートナーの真田卓は、エッカリングとマイケル・シファーに6-3、6-2で敗れた。

男子車椅子ダブルスの金メダルは、3時間以上続いた3セットの試合でイギリスのアルフィーヒューエットとゴードンリードを破った後、スティーブンハウエットとニコラスビーファーのフランスのペアに行きました。

READ  スケートボード-「動物園は病気だ」:日本はテレビコメンテーターとしてスケートチャンピオンのファンを獲得