4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

遅かれ早かれ? 中国と日本および韓国との首脳会談のリスクは高いが、緊急ではない

遅かれ早かれ? 中国と日本および韓国との首脳会談のリスクは高いが、緊急ではない

日本の岸田文雄首相の優先事項は、1月初旬に起きた壊滅的な石川地震からの復興と、上級閣僚らの汚職スキャンダルに対する国民の怒りを鎮めることだ。

韓国の尹錫悦大統領は来月の国会選挙で忙しい。 4月の投票で議会過半数を取り戻せなかった場合、尹氏の人民力党と彼自身の大統領職はさらに3年間膠着状態になることを意味する。

02:50

中国、異例の三国会談後、韓国、日本との首脳会談に合意

中国、異例の三国会談後、韓国、日本との首脳会談に合意

古賀敬准教授は「中国は自国の指導力がどれだけ回復力があるかを知りたがっている。なぜなら両指導者が汚職や選挙で失脚すれば、中国は日本と韓国で新たな指導スタイルを再構築しなければならないからだ」と述べた。 シンガポールの南洋工科大学で政策と世界情勢のプログラムを受講。

岸田氏は来月訪米する予定で、バイデン氏とインド太平洋の安全保障改善に向けた「政治、安全保障、経済、人的関係の強化」に向けた取り組みについて話し合う予定だ。 古賀氏は、政権も訪問の準備に注力していると述べた。

ペンシルベニア州バックネル大学の国際関係教授で中国研究所所長のZhu Zhiqun氏は、近隣諸国の政治問題を考慮すると中国政府が様子見を望むのは「驚くべきことではない」と述べた。

「もし岸田氏と尹氏が国内問題に直面しているとしたら、中国との関係改善に向けた彼らの決意はどれほど固いのだろうか? そして、三者会合で達した合意をどのように履行できるかは明らかではない」と朱氏は述べた。

専門家らは、地域の近隣諸国が直面する政治的課題とは別に、米国は三国関係において「部屋の中の象」であり、中国はワシントン、東京、ソウルの戦略的融合が進むことに警戒していると述べた。

中国政府が昨年8月にキャンプデービッドで米国、日本、韓国の3カ国首脳会談を開催した後、3首脳はこれを緊密な防衛パートナーシップにおける新時代の幕開けとして歓迎した。

中国がキャンプデービッド首脳会談を実質的な軍事同盟の始まりと見る理由

キャンプデービッド会議では、三国間軍事演習と首脳・閣僚の年次会合の長期カレンダーの計画が策定された。

サミットではまた、サプライチェーンの安全を守る取り組みを展開し、南シナ海での「危険かつ攻撃的な行動」で中国を非難し、台湾海峡の現状維持を主張した。

アナリストらは、東京、ソウル、ワシントン間の安全保障関係の強化が中国の玄関口で形成されつつある中、中国政府は地域首脳会談についてより慎重になるべきだと述べた。

ワシントンに本拠を置く中米研究所(ICAS)の研究員、チャン・イールン氏は、安全保障上のパートナーシップは、インド太平洋の安全保障に対する米国主導の同盟に基づくアプローチに対する中国政府の長年の憤りを煽る可能性があると述べた。 問題。

米国は中国に対する強さを誇示するため、西太平洋に空母5隻を配備することを決定した

五箇氏は、中国はキャンプデービッドで日米韓三国の関係が「前例のないほど強化された」ことを懸念していると述べ、既存の国際規則や規制を遵守するという三国の決意を示しており、そのうちの一部には中国が異議を唱えるだろうと付け加えた。

日本と韓国は、首脳会談を近いうちに開催したいと考えているかもしれない。なぜなら、「その可能性がどんなに低くても」、首脳会談が潜在的な協力分野を特定するより良い機会を首脳に与えるからである、と古賀氏は語った。

バックネル大学の朱氏もこれに同意し、これまでの高官会談で岸田氏と尹氏が外交的に勝利すれば、政治基盤の改善につながると述べた。

しかし、同氏は、国内問題に苦戦している日本や韓国の中国指導者に比べ、中国指導者は比較的強い立場にあると指摘した。

「中国は岸田氏と尹氏の国内支持拡大を支援することに関心がない。 朱氏は「日本と韓国が中国に提供できるものが何もないのであれば、中国は今すぐ三者会談に出席する気はない」と述べた。

03:54

中国政府、米国と韓国の原子力潜水艦計画を非難

中国政府、米国と韓国の原子力潜水艦計画を非難

しかし、張氏は、岸田氏と尹氏が、これまでの無益な会談が地域と世界に誤ったメッセージを送ると感じるのであれば、年内の首脳会談で合意できることを期待した。

「今サミットを開催しても、起こり得る結果は2つだけだ。何も変えることのできない具体的な結果か、綱領の信頼を損なう行き詰まりだ」と張氏は付け加えた。

専門家らは、首脳会談が最終的に実現すれば、貿易、経済統合、人的交流の促進に拍車がかかる一方、北朝鮮の頻繁なミサイル挑発についても議論される可能性があると考えている。

両首脳はまた、東アジアの三大経済国間の待望の自由貿易協定の再開に向けた協議の可能性を示唆したが、そのような合意には困難が伴い、首脳会談が三国間関係に有意義な促進をもたらす可能性は低い。

02:07

北朝鮮が新たなミサイル実験を実施する中、北朝鮮と中国は関係を深めることを誓った

北朝鮮が新たなミサイル実験を実施する中、北朝鮮と中国は関係を深めることを誓った

ICASのチャン氏は、たとえ首脳会談が復活したとしても、中国と米国が依然として大きな権力闘争に陥っているため、3カ国関係に「劇的な改善」を期待するのは非現実的だろうと述べた。

同氏は、米国は中国との経済協力を確保しようとする一方で、安全保障保護を求める国々の余地を縮小していると述べた。

張氏は「米中対立がどう展開するか明確な道筋がなければ、日本と韓国は米国の現在のアプローチに固執するだけであり、中国はおそらくこれに同意しないだろう」と述べた。

日本と韓国は米国の戦略的同盟国ではあるが、貿易依存度は中国にしっかりと依存している。

中国政府が貿易再開を目指す中、日本と韓国を巡る米中亀裂

日本貿易振興機構によると、12月の中国と日本の貿易額は3億ドル以上、日米間の貿易額は2億2,700万ドルだった。

中国の統計によると、2023年の日本との貿易総額は3,180億ドル、韓国と中国の間の貿易額は3,110億ドル近くになる見通しだ。

バックネル大学の朱氏は、中国政府は東京と韓国が盲目的に米国に追従し、中国と対峙する共同戦線を形成するのではなく、「ある程度の戦略的自主性を行使する」ことを望んでいると述べた。

朱氏は「米中対立において、日本と韓国は必ずしも米国に同意するとは限らない。そのため、首脳会談が開催されれば、日中韓協力や三国協力の余地がある」と述べた。

READ  2023年トヨタジュニアゴルフワールドカップで日本が優勝、米国女子が準優勝