2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

銅製のぐい呑みは日本企業の特産品です

銅製のぐい呑みは日本企業の特産品です

最近、友人がこの手作りのぐい呑みを見せてくれました。 それは、星空のように金の斑点が散りばめられた、深いミッドナイトブルーの丸い銅製のカップでした。 そしてそれは作成されました 旭泉堂1816 年に設立された家族経営の会社で、鎚起(鎚起)、つまり銅製品の手打ちを専門としています。

「カップのデザインは私の世代から本格的に始まりました」と同社の社長であり、事業を率いる7番目のファミリーメンバーである玉川素之氏は語った。 デザインも色も職人が考えたものです。

お猪口(16,000円または約110ドル)がギフトに適していない場合は、このデザインを使用して縁が湾曲した細長いバージョンもビアカップ(21,000円~23,000円)として販売されています。 。

玉泉堂は、東京から高速鉄道で約2時間、本州の西側にある燕市に本社を置いています。

この停留所の名前は燕三条だが、「実際には燕市(人口7万6694人)と三条市(人口9万2364人)の2つの都市を管轄している」と燕三条地場産業開発センターの関川恵三氏は電子メールで書いた。 「どちらの都市も金属加工と製造業が盛んです。」

分からない場合は、電車を降りる前にすぐに学べます。改札の外にあるいくつかのガラスケースには、地久仙堂などの地元の職人企業が作った金属製のオブジェや、ユキワなどの自動運転装置が展示されています。 国際的なバー業界におけるタンブラー、カクテルシェーカー、マドラー、その他のアクセサリー。 また、一部の商品は駅裏の大きなショールームで販売されています。

なぜ金属加工をするのか? すべては鉄釘から始まりました。 米は今でもこの地域の主要作物の一つですが、約 400 年前、この地域で頻繁に起こる洪水への対処に疲れた人々が鉄釘を開発し始めました。 で割った (現在ではあまり一般的ではありませんが、伝統的な建物には今でも使用されています)。

やがて、この地域では、はさみや刃物などの盆栽用品が生産されるようになり、技術が向上しました。 ガラス研磨 2001 年のオリジナル iPod で使用されていました。

玉泉堂は築110年の建物を利用しており、ギャラリー、工房、玉泉堂が入居しています。 玉川家住宅を含む登録文化財。

「私たちは200年以上にわたって銅製品を作り続けてきました。」と彼は言いました。 「私たちにとって、特に私たちが使用するハンドハンマリング技術については、それを継続し、その技術に忠実であり続けることが非常に重要です。」

旭泉堂は当初、近くの弥彦山から銅を購入していましたが、現在はインドネシアや南米のいくつかの国から金属を入手する地元の代理店から購入しています。

東京・銀座の店舗や燕市の工房から直接注文するか、メールでも注文できる。 一部の商品はネットでも販売しております 茶商ミラノのAmleto Missagliaと同じくアメリカの専門店です。

玉花さんにとって、すばめに来るお客様はとても特別な存在です。

「人々がここに連れてこられるのは、職人の仕事を見るためだ」と彼は言う。 「見たことのある人が作ったものだと知っている作品を使うとき、その作品との関係は全く違ったものになります。手入れの仕方、使い方、考え方も全く異なります。

作業場は300平方フィートの畳敷きで、この日は大きな窓から外の雪を反射し光が室内を満たしていた。 中央には、銅の成形や成形に使用される約200本の金床の杭が置かれた大きなラックがあり、さらに200本のさまざまな形や大きさのハンマーやハンマーが棚を埋め尽くし、壁に並んでいた。

部屋はいつものようにハンマーの音以外は完全に静まり返っていた。

旭泉堂では女性 7 名、男性 11 名、計 18 名の職人を擁し、平均年齢は 34 歳です。

作業場を歩いていると、田中大和さん(33)がビールジョッキをたたきつけていた。 「湾曲した形状に影響を与えずにハンマーで叩くのが最も難しい部分です」と、基部の丸いエッジを指しながら彼は語った。

彼は2017年に旭泉堂の銀座店に事務員として入社し、2年後には正式な金属加工の訓練を受けていないにもかかわらず、職人のグループに加わることを許可された。 先輩職人を見て学ぶのが伝統的なやり方です。 「しかし、その態度は変わりました。私はツールの使い方と取るべき手順を学びました。

2018年入社の同僚、土田真澄さん(30)も説明に同意した。 「私たちは経験豊富な職人に頼っています」と彼は言いました。 「多くの場合、私たちは彼らに質問する責任があります。」

そこに記載されているように 日本酒協会カップの形状と厚さは日本酒の風味に影響を与える可能性があります(高級日本のバーでは、客が好みのサイズと形状を選択できるようにカップのセットを提供することは珍しくありません)。

銅の猪口でお酒を飲んだことがなかったので、濃い青の斑点が描かれた銅の猪口(15,000円)とガラスのコップに日本酒を注ぎました。 銅製のカップは唇や指に冷たさを感じ、飲み物は爽やかに感じられました。 (銅製のカップは熱燗や熱燗などに使用され、手を温めるのにも使えます。)

「世界中で喜ばれるので、贈り物としても最適です」と氏は語った。 玉川さんは、普段はカップを桐箱に詰めて墨で飾っていると指摘した。

酒器も人気だが、一枚の銅板と編み柄で作る継ぎ目のない注ぎ口のやかん(85万円)が人気だ。

氏玉川氏は、銅の器はよく熟成し、贈り物として家宝のようなものとなり、「世代から世代へと家族の心と精神の間に架け橋となる」と指摘した。

READ  アメリカチームが2022年オリンピック団体戦で金メダルを獲得。 日本は銀色