6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

関係者によると、イスラエルとハマスの間の人質交渉に向けた外交努力は来週再開される見通しだという

関係者によると、イスラエルとハマスの間の人質交渉に向けた外交努力は来週再開される見通しだという

間の交渉 イスラエルとハマス ガザ地区で拘束されているイスラエル人人質を解放する合意は来週再開される見通しだと、この問題に詳しい2人の関係筋が土曜日にCBSニュースに語った。 協議にはカタール、エジプト、米国の交渉担当者が参加する。

バイデン政権高官はCBSニュースに「進展はある」と語った。 同氏はさらに、「接触は続いており、エジプトとカタールの調停者と緊密に連携している。交渉プロセスを前進させるための努力の一環として、こうした接触は来週も続くだろう」と述べた。

ウィリアム・バーンズCIA長官は先週、ここ数週間停滞している人質交渉を復活させるためのハイレベルの取り組みの一環としてパリ​​を訪れた。

イスラエル国内では、人質の家族が、政治的に窮地に陥ったネタニヤフ政権に対し、約8カ月にわたる監禁を経て愛する人たちを帰国させるためハマスとの外交合意に達するよう圧力をかけ続けている。 米国人5人を含む約120人の人質が今も拘束されているとみられる。

ハマスはイスラエルに対し、ガザ地区で恒久的な停戦を確立するよう求めた。

5月初旬にカイロで行われた前回交渉は大きな進展なく終了したが、米国当局者はイスラエルとハマスの相違は克服できると楽観的な見方を示した。 バーンズ氏はエジプト駐在のアメリカ代表団を率いており、イスラエル国家情報機関モサド長官デビッド・バーニア氏と連絡を取り続けている。

同地域の関係筋は、金曜のバーンズ氏、バーニー氏、カタールのムハンマド・ビン・アブドゥルラフマン・ビン・ジャシム・アル・サーニ首相とのパリでの会談で進展があったことを示唆した。 米国当局者2人は、パリでの活動がすべての当事者を人質交渉再開に近づけるのに役立つと示唆した。

ジョー・バイデン大統領は土曜日のウェストポイントでの演説で、米国は「安全を確保するための緊急外交」に取り組んでいると述べた。 [an] 「即時停戦すれば人質は家に戻るだろう。」

ホワイトハウスは金曜日、バイデン氏がエジプトのアブドルファッタハ・アル・シシ大統領と、ガザ地区での「即時かつ持続可能な停戦」とともに人質の解放を確保するための「新たな取り組み」について話し合ったと発表した。

アンソニー・ブリンケン国務長官はイスラエルと会談した。 ベニー・ガンツ国防大臣 金曜日。 国務省報道官は、この会合には「人質解放と地域全体への紛争拡大防止に向けた合意の一環として停戦に向けた最新の取り組み」について話し合う内容が含まれていたと述べた。

ガザでの戦争は、10月7日にハマスがイスラエルに対して開始した攻撃をきっかけに始まり、約1,200人が殺害され、そのうち約4分の1が兵士で、残り250人が拘束された。 保健省によると、ガザでは少なくとも3万5000人のパレスチナ人が殺害されたが、保健省は戦闘員と民間人を区別していない。

レポートは、Michel Ben-Gal、Christine Brown、Jordan Farhi によって寄稿されました。

READ  地球を救いたいですか? 赤身の肉の代わりにキノコや藻類からタンパク質を食べる| エイドリアン・マッテイ