1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

防弾少年団が2021年の日本のアルバム販売チャートでトップ

日本での音楽販売を数える同社によると、今年の国内で最も売れているアルバムは韓国のボーイバンドBTSだという。

「防弾少年団、THE BEST」は993,000部を売り上げた、とオレゴンは水曜日に言った。 BTSは、37年ぶりにアルバムチャートのトップに立つ外国人アーティストまたはバンドになりました。 それをした最後のアーティストはマイケルジャクソンの「スリラー」でした。

オリコンの年間ランキングは、12月12日までのCDおよびDVDの売上とダウンロードおよびストリーミングサービスのデータに基づいています。

スノーマンは、日本のボーイバンドとしては初めて、ベストセラーのシングルカテゴリーでトップになりました。 オレゴンによれば、「Grandeur」は100万部強を売り上げ、1曲を超える唯一の曲です。

もう1つのスノーマンシングル「HelloHello」が2位になりました。 オレゴンは、シングルバンドまたはミュージシャンがシングルカテゴリーで1位と2位を獲得したのは12年ぶりだと言います。 アラシはこの偉業を成し遂げた最後のバンドまたはアーティストでした。

日本のシンガーソングライターYuriの「Triflower」は、最も合理化され、最もダウンロードされたシングルです。 日本での記録である3億8000万回以上ストリーミングされました。

オンラインで最初に人気を博した日本の音楽デュオYOASOBIは、デジタルアルバムのカテゴリーで「TheBook」を上回りました。

READ  ドルのおかげでテクノロジーが株を再開