4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

陸軍はロシアと中国に重点を置くため数千人を削減

陸軍はロシアと中国に重点を置くため数千人を削減

新しい陸軍文書によると、20年間にわたりテロとの戦いに注力してきた国防総省が中国とロシアの軍事力と対峙することに優先順位を移し続ける中、米軍は2万4000カ所の拠点を撤去している。

この削減は、ドナルド・J・トランプ大統領が始めた国家防衛戦略に沿ったもので、ロシアと中国による米国への脅威の増大を強調するバイデン政権も大部分を支持している。

アフガニスタンとイラクでの戦争中に軍隊の数は60万人近くまで膨れ上がったが、これらの紛争の終結により兵士が駐屯地に戻り、着実に減少した。

人員削減、 AP通信が先に報じたまた、近年陸軍、そして実際には他の軍務を悩ませている徴兵問題も暗黙のうちに認めている。 陸軍、海軍、空軍は昨年、採用目標を達成できなかった。 陸軍当局者は都市部の大学キャンパスを訪れ、過小評価されているコミュニティから新兵を獲得しようとします。

新しい文書には、この人員削減により「陸軍は49万4,000人の兵士を収容できるように設計された兵力構成と、法律で定められている44万5,000人の兵士の現在の最終兵力との間のギャップを縮めることが可能になる」と述べられている。 文書によると、現在の目標は軍の兵力を47万人に増やすことだという。

国防総省当局者らは、いくつかの問題が採用プロセスを妨げていると述べている。 彼らは、資格を持ち、兵役に興味を持っているアメリカ人の若者の割合が減少していると指摘している。 失業率が低いということは、若者に他の選択肢があることも意味します。

「陸軍は、冗長でほぼ無人の『中空』部隊構造を削減し、大規模な戦闘作戦に必要な新たな能力を備えた新たな編隊を構築する」と文書には記されている。 「部隊の構成と最終部隊を緊密に連携させることにより、陸軍はその編隊が適切なレベルで配備され、高い即応性を維持できるようにするだろう。」

国防総省当局者らは昨年、陸軍が特殊作戦部隊から約3000人の解雇を計画していると述べた。 当局者は火曜日、この数は2万4000人に達するだろうと述べた。

米軍指導者や国防高官らは20年以上にわたり、反乱鎮圧との戦いに重点を置くあまり、大国との地上戦への備えが軍にできていないのではないかと懸念してきた。

しかし、国防総省が後者の選択肢に移行し続けているにもかかわらず、10月7日のハマスのイスラエル攻撃とその結果としてのイスラエルのガザでの報復作戦に端を発した中東での出来事は、国防総省と軍が両方をやらなければならないことを浮き彫りにした。 。 そしておそらく今後何年も続くでしょう。

国防総省当局者らは、この挑戦​​により、すでに過大な軍隊が圧迫され続けていると述べている。 これに加えて、義務的な支出制限が導入された2011年以来、国防総省の予算をめぐる不確実性が加わっている。

陸軍参謀長のランディ・ジョージ大将は火曜日、国防記者団主催の朝食会で記者団に対し、「我々が編成で削減しているものは、実際には今後の戦場での成功につながるものではない」と語った。財団。 グループ。

同氏は、陸軍には「成長させ、追加したい」他の能力があり、その中には無人機攻撃、ミサイル、さらには弾道ミサイルから兵士と米国民を守るのに役立つ能力も含まれると述べた。

READ  旅行者は今日本に行くことができますが、国内の観光客は引き続き焦点を当てています