9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

雨が南海岸を襲い続けているため、日本では500万人が避難命令を受けています

公共放送NHKによると、佐賀県、長崎県、福岡県、広島県の100万人以上が土曜日に強力な避難警報を発令された。

次の強力な警告は、400万人以上に影響を与える他の17の州のレベル4に発行されました。

国の気象庁は声明の中で、雨は全国で約1週間続くと述べた。

深刻な影響を受けた州の写真は、住民が太ももの高水域で浸水した通りを歩き回り、子供や所持品を運んでいることを示しています。 消防士やその他の救急隊員も立ち往生した住民を救助し、膨らませたボートに積み込みました。

多くの川の水位が上昇し、周辺の道路に氾濫しています。

九州のいくつかの都市は、土曜日に1時間あたり最大40ミリメートル(約1.6インチ)の水を報告しました。 気象庁によると、日曜日の最初の24時間に、島では250ミリメートル(9.8インチ)の雨が降ると予想されています。

気象庁によると、気象庁気象庁長官のアタチ・ユシ氏は、雨を「前例のない」と呼び、避難指示に従うよう呼びかけた。

菅義偉首相は金曜日、地方自治体と連携するために防災センターを設置したとツイートした。

READ  日本では、ゲームが近づくほど、自然災害のリスクが潜んでいます。