9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

韓国は日本のバブル崩壊を繰り返す危険にさらされていますか? | アジア| 大陸全体のニュースの詳細ビュー| DW

韓国の不動産価格、過熱した株式市場、不良住宅ローンは、1980年代後半の日本と同様のバブルを生み出しています。バブルが崩壊すると、韓国経済全体が同様の崩壊を経験するのではないかと懸念しています。

日本のバブルは、不動産や株式市場にも根ざしています。 日経株式市場が以前の値の半分まで下落したとき、バブルは崩壊し、銀行は大量の不良債権を抱えていました。 翌年は日本経済の「失われた10年」として知られるようになりました。

韓国の金融当局は今月初め、同様の状況に陥ることを恐れて、住宅ローンの悪化を抑えるために、地元の銀行に無担保ローンの数を減らすよう要請した。 韓国銀行によると、韓国人が支払う総額は3月末に1.51兆ドル(1.27兆ユーロ)に達し、前年比9.5%増加した。

新しい要件

4月に、住宅ローンの借り手に新しい要件を導入することにより、増加する債務を遅らせる試みが行われました。 特にソウルと郊外で不動産価格が上昇し続けているため、これは需要を減らすことはできませんでした。 潜在的な買い手が家の外で値を付けられることを恐れて、ますます多くの人々が財産を保護するために私たちの大規模なローンを購入しています。

ソウルのアパートの平均価格は87,000ドル(9.7%)上昇し、今年の上半期には合計977,124ドルに達した。

洪楠基財務相は今月初め、不動産セクターで「予想よりも厳しい」修正が行われる可能性があると警告したが、当局は墜落が間近に迫っている可能性があると懸念を表明した。 韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は、不動産価格が「過大評価」されているという懸念を繰り返した。

低金利で借りている人々によって引き起こされた株式市場への投資に対する同様の緊急性がありました。 コスビーとコスタクの市場は、過去18か月で新たな高値を記録しています。 リスクが悪化していることに気づき、企業の貸し手は債券投資のための新しいローンを延期しました。

これらの比較的新しい問題は、国の根本的な経済問題と組み合わせるとさらに混乱を招きます。若者の失業の警戒、国債の増加、製造業と重工業の両方の衰退です。

アナリストは、不動産価格の上昇と株式市場への必死の投資を監視する必要があることに同意しているが、これらの体系的な問題は国の経済的健全性に非常に重大なリスクをもたらすと述べている。

危険 ‘誇張された’

ソウル国立大学のパク・ジンイン経済学者は、「韓国のバブル経済とそれが爆発する可能性があるという報告を見たが、リスクは高く、1990年代の日本の経験に匹敵するものではないと思う」と述べた。 。

「最大の違いは日本のバブル商業ビルセクターでしたが、ここでの価格の上昇は住宅ビルセクターでした」と彼はDWに語った。 「韓国の不動産価格は高いが、2018年以降の金利低下により、世界中で同様の状況になっている」と語った。

一部のエコノミストは、景気後退の可能性についての懸念を和らげました

実際、政府は不動産市場のあらゆる課題に対処するためのツールを持っており、朴氏は国民経済の他の側面について懸念していると述べたが、「家計債務は非常に厳しく管理できる」と述べた。

「最大の懸念は製造業であり、伝統的な企業は今や中国、米国、ヨーロッパ諸国にますます負けている」と彼は述べた。 「デジタルの変化という点でも急速な変化が見られ、従来のセクターはそのような大きな変化に対して非常に脆弱です。」

自動車セクター、鉄鋼、造船などの生産上の問題は、必然的に雇用に影響を及ぼします。 韓国が伝統的に世界のリーダーであった半導体製造などの分野も、外国の競争相手を維持するのに苦労している、とパーク氏は付け加えた。

消費者の概要

ジョージワシントン大学の政治経済学者であるジョンパーク氏は、不動産セクターのバブルが崩壊する可能性は低いと述べたが、消費者の観点から行動を起こさなければならない。

「人々が資産のためにより多くを借りるにつれて、当局は状況を経済を熱くし、彼らがそれらの負債を返済することができないことを恐れていると見ている」と彼は言った。 「政府は市場の過熱を防ぐために行動しなければならないことに同意するが、どんな措置を講じても、選挙後に新政府が来ても、将来的に価格が下がることはないと思う。これらの問題を解決するために。」

ジューン・パーク氏は、政府は若い世代のためにより多くの雇用を創出することに焦点を合わせ、過去の製造業における「決定」から脱却する準備をするべきだと述べています。

READ  17グローバル本社を日本に移し、グローバルライブストリーミングリーダーを目指す