8月 20, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

駅伝:名門の日本長距離レースは世界に平和のメッセージを送ります

ハゴンアイキダンゲームの最初のレースは、毎年1月2日と3日の2日間、21の大学チームによって行われました。

プロチームのレースもありますが、これは一般の人々の注目を集める学生イベントであり、何百万人もの人々がテレビで視聴し、途中でさらに多くの道路が並んでいます。

各チームの10人のランナーが、東京とリゾート都市の箱根の間の217 kmの復路の一部を完了し、各チェックポイントで各チームメイトに色付きのサリーを贈ります。

「夢の意味」

ツールドフランスのサイクリングのように、レベルの長さはさまざまです。でこぼこしたものもあれば、山道でのパンチングも含まれます。

箱根駅伝は首都圏の大学にのみ開放されています。 しかし、その誇りは、日本中の学生がレースに出場できるように首都の学校で勉強することを選択することです。

「小学生の野球部だったのですが、家族と一緒に駅伝競走を見たので、そこにも走りたかったので、走りました」と、イオマ・クキンのキャプテン、井田隆之さん。

「レースをするたびに、来年はもっと走りたいです。本当に夢が叶います。」

駅伝競走のジャーナリスト、西本武氏は、一部のレーサーは仕事を辞めて大学に戻り、再び走ることができることも知られていると語った。

駅伝の集団性は多くの日本人の心を打つと彼は言う。

「日本人はユニークではないと言われていますが、人種について好きなことの1つは、チーム内で彼らの個性が現れることです」と西本氏は語った。

「適切な人を適切な位置に保つことは、日本人に本当に反響するものです。」

「山の神」

報道によると、昨年のレースはテレビで約6,500万人が視聴しました。これは、1987年に生放送が開始されて以来最大の視聴者です。

東洋大学が2009年から2012年の間に3レースで優勝するのを手伝った後、「丘の神」として知られる柏原りおじのようなランナーにとって、それは人生を変える経験になるでしょう。

「電車の中で、または夕食に出かけるときに、突然人々が私に話しかけ始めました。私が故郷に戻ったとき、人々は私の写真を撮ってくれました」とカシワパラは言いました。

「自分がやったことを考えているのは私だけではありませんでした。みんながそれに夢中になっていることに気づきました。」

ソーシャルメディアの出現は、今日のアスリートにさらに注目を集めていますが、その人気は急速であり、一部はオリンピックのスターになる可能性があるとカシバパラ氏は言います。

西本氏によると、箱根エギタンに出場するというキャリア目標を達成した後、多くの人が走りをやめます。

他の人にとっては、個人的なマラソンや長距離のイベントに切り替えるのは難しいかもしれません。

月曜日に8年ぶりにイオマ・カゲインをコーチした原は、1日のオリンピックプログラムに駅伝が含まれることを望んでいる。

しかし、彼はまず、箱根駅伝を全国の大学や専門家グループに開放することから始めて、日本での改革を見たいと思っています。

「まず、自宅でそれを確実に行う必要があります」と彼は言いました。

「そうすれば、それをオリンピックに持ち込み、世界的なイベントに変えるための大きな努力が確実に続くでしょう。」

READ  チップメーカーと輸出業者は日本のシェアを減らすことができます