6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

麻痺した男性が脳と脊髄を接続するインプラントを使用して再び歩く

麻痺した男性が脳と脊髄を接続するインプラントを使用して再び歩く

12年前の自転車事故で足が麻痺した40歳の男性は、脳と脊髄に埋め込まれたインプラントのおかげで再び歩けるようになった。

によれば、脳と脊椎の境界面(BSI)は1年間安定しており、ヘルト=ヤン・オスカムは立ったり、歩いたり、階段を登ったり、複雑な地形を横断したりすることができたという。 水曜日にネイチャー誌に発表された研究。 オスカムは、BSI がオフになっているときでも、足のコントロールをある程度取り戻します。

「私の願いは再び歩きたいということでしたが、それは可能だと思います」とオスカムさんは記者会見で語った。

オスカムさんは中国で事故に遭い、オランダに帰国すれば必要な援助が受けられるだろうと考えていたが、当時はそのような技術が十分に進歩していなかった、とオスカムさんは語った。

研究著者らによると、オスカム氏は以前、スイス連邦工科大学の神経科学者グレゴワール・クルティーン氏が実施した実験に参加しており、同氏も新たな研究に取り組んでいたという。 2018年、カーティン氏のチームは、この技術が脊椎下部を刺激し、脊髄損傷者が再び歩けるようになる可能性があることを発見した。 3 年後、オスカムの改善は静まりました。

最新の研究で、研究チームはオスカムの脳と脊髄をデジタルブリッジで再接続した。 オスカムは研究期間中、40回の神経リハビリテーションセッションに参加した。 彼は、日によって異なりますが、今では一度に少なくとも100メートル(328フィート)以上歩くことができるようになったと述べました。

ガート・ヤン・オスカムさんは、脳を脊髄に接続するデジタルブリッジの助けを借りて歩くことができます。

CHUV/ジル・ウェバー


「私たちはゲルト・ヤーンのアイデアを取り入れ、それらのアイデアを脊髄の刺激に変換して自発的な動きを再確立しました」とカーティン氏は語った。

研究者らは、次の進歩はインターフェースの実行に必要なハードウェアの小型化になるだろうと述べた。 現在、オスカムはバックパックに入れて持ち歩いています。 研究者らはまた、同様の装置が腕の動きを回復できるかどうかを確認する研究にも取り組んでいる。

ここ数十年で脊髄損傷の治療には多くの進歩がありました。 2月にNatureに掲載された研究では、脊髄に向けられた電気インパルスが効果があることが判明した。 脳卒中後の腕と手の動きの改善

オスカムを支援した研究者らは、彼らが使用した技術が将来、腕や手の動きも回復させる可能性があると信じている。 彼らはまた、時間とリソースがあれば、その進歩を脳卒中患者を助けるために活用できると信じています。

READ  ウクライナのニュース:クレムリンは捕らえられた2人の米兵を「幸運の兵士」と呼んでいる