5月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

100円チェーン「ダイソー」創業者の億万長者、矢野博丈氏が80歳で死去

100円チェーン「ダイソー」創業者の億万長者、矢野博丈氏が80歳で死去



CNN

ディスカウントドルストアの概念の普及に貢献した大創産業の創設者で億万長者の矢野博丈氏が心不全のため死去した。

同庁によると、2月12日に広島市で死去した。 声明 月曜日に。 葬儀は近親者が非公開で執り行い、追悼式が予定されているという。

矢野氏の死亡時の純資産は約19億ドルだった。 によると ブルームバーグ億万長者指数。

矢野さんは1967年に東京の中央大学を卒業後、さまざまな仕事を経て小さな店を設立し、ダイソーによると5年後に商品を100円(30セントに相当)で販売した。

1977年に会社を設立し、社名を「ダイソー」とした 翻訳します 「もっと大きなものを作るために」

今や世界的な企業となったこのチェーンは、文房具やスナックを含むあらゆる種類の小物や家庭用品を 1 ドル以下で販売していることもあります。

2023 年末までに日本全国​​に 4,360 店舗以上、海外に 990 店舗以上を展開する小売帝国に成長しました。 Webサイト

ダイソーは2001年に初めて海外に進出し、台湾と韓国に支店を開設した。 その後、オーストラリア、インドネシア、サウジアラビア、米国に店舗を展開し、急速に拡大しました。

非公開企業によると、ディスカウントチェーンの売上高は2022年2月時点で5500億円(36億ドル)だった。

このビジネスモデルは、日本でセリアやキャンドゥなどの100円小売店を生み出しました。

2018年、ダイソーはより多くのインテリアを提供する300円の高価なスリーピーストアを設立しました。 2020年に日本の格安小売店CouCouを買収した。

READ  日本の岸田首相は、ロシアの欧州連合とのさらなる協力を約束しますビジネスと経済